Twitter | Search | |
Search Refresh
岡崎私立空想文書館 Jul 2
【昔の言葉解説】 打擲(ちょうちゃく) たたく。なぐる。 という意味の言葉です 古文書にもよく出てきます 画像の例文は 「打擲ニ逢候」 (ちょうちゃくにあいそうろう) たたかれました。 なぐられました。 というような意味です
Reply Retweet Like
MOJIO Jul 1
「者事類所ー春」 (ばじるそーす)
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jul 1
【似ている字】 向かって左側から 「遂(すい)」 「進(しん)」 「近(きん)」 指でなぞってみるだけでも 筆遣いを覚えることができて 形のくずれた字でも 読めるようになってきます 毎日 一行でも 一単語でも ひと文字でも 触れていれば 必ず読めるようになります
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jun 30
【似てる字】 向かって左側から 「庶(しょ)」 「鹿(か)」 「應(おう)」 並べてみると違いはありますが 書くひとの字癖は千差万別💦 全く違う書き方も色々あります しかも、古文書では 意外に誤字も多くありますw こうした字の見分け方について このあと、少し補足しますね↓
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jul 1
【同じ字を並べて書いてみる】 例えば画像の左のような字が 読めなかったときには もう少し楷書に近い字を 並べて書いてみましょう 何故そんな書き方をしたのか? という、書き手の気持ちが なんとなく理解できてきて 少しずつ読めるようになります ※画像は「急度(きっと)」
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jul 1
【ひらがなから覚えるべき?】 そんなことはありません 浮世絵を読みたけば ひらがなから覚える 古文書を読みたければ 漢字から覚える で、いいのです! 会社の仕事の専門用語を覚えても 中高生のLINEの文章は読めません 自分が興味のある分野の 頻出単語から覚えましょう
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jun 30
Replying to @okazaki_monjyo
【書いて覚えるべき字は?】 文字や言葉を覚えはじめると そのうち「読み間違い」をします この「読み間違い」というのは 正しい字と、似ている別の字を 同時に覚えるチャンスです^ ^ そういうときこそ 並べて書いてみましょう! (画像は「若」(左)と「善」(右))
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jun 30
Replying to @okazaki_monjyo
【似てる字の見分け方】 現代のひとが書いた 数字の「1」と「7」を 見分けるのと同じなんです 8月1日に届いた手紙に 手書きで「1月30日」と 書いてあるように見えても 「7月30日」と読むと思います 読み慣れてしまえば 前後の文字や文章や背景から すぐ推測できるようになります
Reply Retweet Like
創造広場アクトランド 広報 Jun 30
「尊氏中の尊氏」 この言葉は忠義が足りないことを表現する文脈で使われました。 幕末の知識人の中には足利尊氏を裏切者としてとらえている人たちがおり、その状況が分かって初めて理解ができる表現ですね。 古文書を読む時は当時の人に思いをはせましょう。  
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jul 2
【似ている字】 向かって左側から 「諸(しょ)」 「跡(せき)」 どちらも頻出文字ですので ぜひ、覚えておきましょう!
Reply Retweet Like
らいそく管理人 22h
ご丁寧に解説まで入っています。 もう少し丁寧に書くと 「此うちにおいて 可ふき 御座候、御のそ美の可多ゝゝ 御見物奈左るへく候、」 となるでしょうか^^  
Reply Retweet Like
MOJIO Jul 1
【再掲】 「茂川都安連良」 (モッツァレラ)
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jun 30
【字を分解してみる】 向かって左の字が 何と書いてあるか分からなくても 「さんずい?」 「くさかんむりかな?」 と、部分ごとに考えてみると 中央のような字と同じなんだ と分かります。さらに 「『専』が入ってる」(右の字) と気づけば、ゴール! 正解は【薄】です
Reply Retweet Like
山梨県立博物館 Jun 26
【おうちで古文書講座 第3弾!】 中止となった「かいじあむ古文書講座」の代わりに、「おうちで古文書講座」の第3弾を、当館ホームページに掲載しました。今度のテーマは です。最後までぜひお楽しみください!
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jul 2
【昔のコトバ解説】 重敲(じゅうたたき) むちなどで百回叩く刑罰 いわゆる「百叩きの刑」です 刑罰に関する言葉ですから 古文書でも散見されます
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jul 2
【昔のコトバ解説】 賽博奕(さいばくち) 博奕は博打とも書きます 要は賭け事ですね 賽はサイコロのことですから 時代劇などでもお馴染みの 「丁か!半か!」 というような光景が浮かびます 博奕を禁じたり取締ったり という内容は古文書に多いので この言葉も頻繁に出てきます
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jul 1
Replying to @okazaki_monjyo
【正解は?】 正解は「養」でした! (画像は全て「養」)
Reply Retweet Like
らいそく管理人 Jul 1
これなんて面白かったですね。 淀川の南北流域にお住まいの方と、鉄道ファンならわかるかもしれません。 (高槻から見てこの道標です)
Reply Retweet Like
岡崎私立空想文書館 Jul 1
【自分で文章を作る】 調べた字や覚えた言葉も 使わないと忘れてしまいます でも 「日記を書く」という習慣は 少しハードルが高い… なので! 単語を調べたついでに 一日ひと言でいいので 自分で文章を作って書いてみる という習慣をオススメします 画像の解説は、のちほど!
Reply Retweet Like
朝日新聞岐阜総局 7h
岐阜県多治見市の古刹で、約700年前の古文書が見つかりました。鎌倉時代に武士や僧侶など約1万人が、寺に寄進した記録とみられるそうです。古文書の長さは約6・5メートルもあります。  
Reply Retweet Like