Twitter | Search | |
Search Refresh
threepinner Sep 4
Reply Retweet Like
threepinner Sep 12
Reply Retweet Like
threepinner Sep 3
Reply Retweet Like
threepinner Sep 16
第一現像:KSCN0.3g/500ml入りコレクトール37℃15分、その後アルカリ。ISO800出ているようだ。暗部描写はこれまでより良いと思う。多分、これが限界。
Reply Retweet Like
threepinner Sep 15
ISO800で使えないか試験、のはずだったがトラブル。一枚目真ん中はまとも、上:第一現像10分+アルカリ、下:8分+アルカリ。ISO800でも感度は出てるみたいだけどやたら緑色が強く赤と青が消えている。アルカリのpHが11と高かったので下は10.6に補正したもの。
Reply Retweet Like
threepinner 22h
ISO100〜200で露光して、37℃コレクトール+KSCN0.3g/500ml11分、アルカリ浴4分で試験。ダメ。シアンかぶりは無くなるが緑色がかぶる。発色現像を別にしないといけないのか。それにしても彩度、色の分離、感度、粒状性ともに不良。
Reply Retweet Like
threepinner 23h
ISO800で使えないか、第一現像をギリギリ強度の30℃12分+アルカリ浴でやってみた。都合あり200での露光だけど、800は絶対に無理だ。400が限界らしい。この条件で既に色の分離が悪化している。
Reply Retweet Like
threepinner Sep 14
ISO100〜400で露光して、37℃コレクトール+KSCN0.3g/500ml8分と17分で試験。17分は赤やけ。8分も良いとはいえない。シアンかぶりあり。何とか補正可能。彩度、粒状性ともよくはない。ISO50で露光して7分ならよいか?
Reply Retweet Like
threepinner Sep 11
アルカリ浴のpHを上げると良い影響がありそうなので試験。ISO100〜400で露光して、37℃コレクトール+KSCN0.3g/500ml10分と30分、その後アルカリ浴。30分は赤焼け、10分はシアンの煙幕。15分だと良いかも。粒状性は良さそう。彩度はどうだろう?
Reply Retweet Like