Twitter | Search | |
Search Refresh
こはるさん2 Jul 24
何年も前から買おう買おうとしつつ、有名書店どこにも置いてないので、注文せにゃ.....と思ってた が、昨日ブックオフでたまたま見つけ、思わず「おお!」と言ってしまったw 禁断の書についに手を出す 何年も探し求めるほどのものかどうかは知らない レビューは軒並み酷いw
Reply Retweet Like
みふあ まこ Oct 2
最初読み始めた時は正直、凄くくだらないと思いました。推理が外れてラッキーで事件解決しちゃうし。 でも読み進めていくと段々主人公の「私」が賢くなってきて、ギャグはちょこちょこ挟んでくるんですがトリックをひらめくきっかけが面白く、サクサク読めました。
Reply Retweet Like
渡邉武海 2 Jul 17
カツオが「六枚のとんかつ」を作ってた。
Reply Retweet Like
mizuo 21 Nov 17
表紙のインパクトたるや。登場人物の古藤が出た時の迷推理ぶりは33分探偵を彷彿とさせる(久しぶりに見たくなった)。何でそんな強引な推理になるんだと読者は突っ込まざるを得ない。 全然関係ないけどキャベツでご飯が食べれるトンカツ屋さんに行こうと思う。
Reply Retweet Like
こはるさん2 Jul 28
短編集、過去読了本史上最高に下品で下ネタオンパレードミステリーだった 苦手な人は手を出すなw が、ミステリーとしてはトリックはどれも本格派 読者への挑戦もある表題作は、某超有名作のオマージュ的なもの なので安易に解ける なんだかんだすごく楽しく読めましたw
Reply Retweet Like
タチバナアレン 2 Jul 17
カツオの六とん回キター!!!!  
Reply Retweet Like
おぬち Jan 5
2/150!メフィスト賞のバカミスで有名なこの作品。半分くらい読んで、ないわぁと思ったが、しっかりミステリしているとこもあって、うーんという感じ。メフィスト賞って何者。。他のメフィスト賞も読んでみようかな、どうしよう
Reply Retweet Like
twelve Jun 22
“ガッツ石松、ガッツ石松”で笑ってしまった、悔しいメフィスト賞受賞作🥴
Reply Retweet Like
電子書籍本情報 22 Oct 14
六枚のとんかつ (講談社文庫) / 蘇部健一
Reply Retweet Like
میوکی 5 Dec 18
思春期に読んで度肝を抜かれた 、第二作も読んだけど、3&4 は知らなかった‼️ 帰ったら読む✨
Reply Retweet Like
マサト@WordPress Sep 19
Reply Retweet Like
安藤トロワ 7 Jul 15
6人のおそ松 
Reply Retweet Like
福田十二指腸 Feb 17
1997年、保険調査員・小野由一を主人公とした連作集『 』にて第三回メフィスト賞を受賞、デビュー。上記作品は「ばかばかしくて読めない」「ゴミだ」「商品じゃない」「くだらない」などの強い批判や「支持する」などの絶賛の声が上がった。 Wikipedia のページより引用
Reply Retweet Like
はるう 28 Mar 17
落ち着かない時は に限る。 あ、下ネタに免疫ない人、要注意な本です。 さっき病院から電話で、オペには問題ないけど、ぽかりさん、肝臓の数値が少し高めだとか。 しらすとおんなじやー。 元気だから大丈夫。
Reply Retweet Like