Twitter | Search | |
Search Refresh
剣先するめ Jul 7
(18.05) これはあかんやつ。泣いちゃう。ドナーの話。『人魚=歩けない』って意味です。水難事故から脳死状態?になった女の子と、娘は生きてると信じて介護を続ける母親。母は狂っているのか?その子は死んでいる、と決め付ける周囲の人間がマトモなのか?考えさせられる作品です。
Reply Retweet Like
のんのん 7h
こんな泣くとは思わんかった
Reply Retweet Like
のんのん 8h
難しい話やなぁ… 篠原涼子がちょっと怖いけど…
Reply Retweet Like
hino@GOD引き弱 Jul 9
篠原涼子が包丁かざしてる所付近、令和で一番泣いた。
Reply Retweet Like
てつこ Jul 13
人魚の眠る家… 人形の眠る家…?
Reply Retweet Like
YOA Jul 16
愛情を貫くって狂気かもしれない。と思ったんだよ、、。 
Reply Retweet Like
トムーシュ Jul 14
2本目として映画「人魚の眠る家」も観たわけで!うん、泣いた!"人間の尊厳"とは何をもって示すのか、生きてるとはどの定義なのか…色々考えさせられた映画。人の親になったとき、また違う感じ方をしそうだなぁ…
Reply Retweet Like
おりょう Jul 13
瑞穂ちゃんはとても幸せな人生だったね
Reply Retweet Like
Cinemania Uzo☆mUzo 4h
Reply Retweet Like
misaki!! Jul 14
感動🥺泣けた😭
Reply Retweet Like
たなかカンタービレ Jul 9
勧められてみたけど、かなり良かった!!!
Reply Retweet Like
N@0w0 Jul 8
人魚の眠る家やっとみれた。 東野圭吾さんの原作だったから絶対にみたかったの。 もし、自分の子だったらその技術にすがるかもしれない。だけど、下の子を傷つけてまではあそこまで必死になれないかもしれないな。 楽にさせてあげたいとも思ってしまう。
Reply Retweet Like
ハチワレ★るか Jul 11
出てたから借りて見た。 考えさせられる事満載で とっても良い作品だった、 …だったけど、、 触れるのは難しい… すっごいセンシティブやわー。
Reply Retweet Like
けーすけ@ Jul 13
」映画→小説双方了。脳死としか思えない状態の娘と、体の健康を守るため機械技術で娘の体を動かす母。 映画、プレゼントを受けとる娘を笑わせるシーンの映像化は秀逸。脳波、意識のない人の体を技術で動かすことは人形遊びに過ぎないのかもと思わせる。
Reply Retweet Like
ぺいるまい(さ) Jul 14
映画『人魚の眠る家』が観たい。FilmarksにClip!
Reply Retweet Like
404 Jul 9
脳死について考えさせられる永遠の重い課題についての映画だったの一言で済ませられることじゃないけど、今はそれしか言えない 
Reply Retweet Like
aniHobby TiME Jul 15
■映画【人魚の眠る家】 愛するが故の禁断の選択が運命を狂わせていく…人気作家・東野圭吾の同名ベストセラー小説を映画化! ⇒
Reply Retweet Like
けーすけ@ Jul 13
」命とは。他者に命があると判断する基準はなにか。神学・宗教的領域、と思わされた。各個人が「」を持つが、それは他人に押し付けられないし、信じさせなくてもいい。そこの意思の統一など要らない。信念、個人、他者尊重。価値観を揺すぶられる作品。
Reply Retweet Like
ミライ💫 Jul 10
3本もの映画出演💐 小さな英雄はセリフ少しだったけど健ちゃん感じれた🥺 人魚の眠る家は本当に涙。DVDも買わせていただきました😢 光のお父さん、とても感動した、、ひさびさにこんなに良い映画に出会えたなって、ありがとう🌷
Reply Retweet Like
ザテレビジョン Jul 10
本日、7月11日は坂口健太郎さんの誕生日です!坂口健太郎さん、お誕生日おめでとうございます♪
Reply Retweet Like