Twitter | Search | |
Search Refresh
Tobias P Dreesman Apr 10
Call to Eliminate Japan’s “” System Signed by 1,010 Japanese Legal Professionals
Reply Retweet Like
Edogawa Rambo Apr 4
Strong stuff from a former prosecutor. Japanese newspapers must feel chagrinned that Hironaka is making his statements at , The Foreign Correspondents' Club of Japan/日本外国特派員協会 Add to Hironaka's criticisms those of :
Reply Retweet Like
非国民2011 May 17
あたらない あたらない あたらない のワンパターン 2019年4月12日 山下法相 「『人質司法』の批判はあたらず」 石田総務相「泉佐野市の批判はあたらない」 「WTO報告書は遺憾 敗訴に当たらず」
Reply Retweet Like
Kei TAKATSUKA May 16
第2回: / 事件を契機に日本の を考える勉強会 講師: ●郷原総合コンプライアンス法律事務所代表弁護士 、ゲストスピーカー: 株式会社取締役会長、元 EBC 会長 、会計評論家
Reply Retweet Like
junko May 16
En directe depuis Tokyo maintenant ! La justice d’otage au Japon et affaire Ghosn ライブ中継中 「人質司法に関する勉強会」の第2回、今日の午後4時からです。 日本の刑事訴訟に激変の予兆「ゴーン氏再保釈」「日産公判分離せず」
Reply Retweet Like
junko May 15
素晴らしい!!これは全文翻訳して世界にばらまかねば!「夫婦間の接触禁止に関する特別拮抗」弁護団最高裁へ特別拮抗
Reply Retweet Like
流れる… May 14
東京新聞:<人質司法を考える>(上)無罪の医師「逮捕から実質的刑罰」 「やっただろ」拘束105日:社会(TOKYO Web)
Reply Retweet Like
にいな May 12
アメブロを更新しました。 『脱「人質司法」じわり 拘束判断 地裁で格差 ゴーン事件で注目 「勾留は刑罰」誤解も』
Reply Retweet Like
junko May 11
これどなたかユーチューブでアップしてくださいね! Séminaire sur la justice d’otage au Japon
Reply Retweet Like
junko May 7
は国際人権規約違反だと何度も指摘されても「文化」の違いで切り返すって、この人国際法も学んだこともない法相?
Reply Retweet Like
J・ワトソン May 7
山下法相、刑事司法制度の批判に反論=「それぞれの国に法文化」(時事通信)   政府としては今のところ開き直るしかないのでしょうが、欧米メディアは批判し続けるでしょう。今後の問題は裁判所の判断でしょうか。
Reply Retweet Like
junko Apr 28
ゴーンの保釈中の逮捕など、あり得ないことの連続=世界の民主国からは、日本の検察庁は「反民主主義」であり、検察官は「反人権思想」の持ち主と見られています。 - 思索の日記
Reply Retweet Like
KeiTea27 Apr 20
”日本の司法はなぜ一向に変わらないのか、どこに問題の根源があるのか、これを変えるためにどこから手を付けるべきなのか、などについて、今村核弁護士と、ジャーナリストの神保哲生、社会学者の宮台真司が議論した”
Reply Retweet Like
申 惠丰 Apr 10
からの脱却を 求める声明、私も呼びかけ人の一人になりました。1,010人の弁護士・研究者らが署名し今日記者会見が行われました。
Reply Retweet Like
Muhammad Wong Apr 7
読めない外国語の文書にサインさせようとしたり「You have no right, This is Japan.」と言ったりする検察から自国民を保護するのはいかにもフランスらしい。 For Carlos Ghosn, an Early Morning Knock Increases the Pressure, Again QT
Reply Retweet Like
🌈じゅんじ🎸🎶🐾 Apr 6
【長期勾留も口封じが目的! 人質司法が続く限り検察の腐敗は温存される】 ゴーン被告の“保釈中逮捕”は特捜部による完全な口封じだ! 検察“口封じ逮捕”の歴史と卑劣な本質 さんから
Reply Retweet Like
ユクサ・ターヤ@本当の国益を考える Apr 4
Replying to @koueki2
NHKは、存続の前提となる受信料の設定権を政府に握られています。今日の夜のニュースでも、検察OBの一方的な主張だけを報道しました。一方で、ゴーンさんの反論の機会は、再逮捕によって奪われました。籠池さんを半年間拘束したのと同じ手法です。
Reply Retweet Like
駒崎弘樹 ( Hiroki Komazaki )@病児保育入会受付中 Mar 18
日本の特徴として、弁護人以外、家族や恋人、友人と会わせない「接見禁止」がある。 元々は暴力団等組織犯罪の証拠隠滅対策だったが、今は一般人でも適用される。37.6%で接見禁止。 かつ、取り調べに弁護人が同席を拒否される。その法的根拠は無いにもかかわらず。
Reply Retweet Like
植草一秀@ガーベラ革命 Mar 13
ブログ記事「ゴーン氏事件を考察する四つの視点」 メルマガ記事「日本の警察・検察・裁判所の前近代性」 更新しました。ご高覧、拡散お願いします。
Reply Retweet Like
楠 正憲 Mar 10
うわーこれは読まなきゃ / “Book:それでもボクは会議で闘う はこうして残った: Matimulog”
Reply Retweet Like