Twitter | Search | |
Search Refresh
阿波公方研究会 Oct 27
の江戸期の収入源。 よりの茶料としての百石(後に千石に加増)。 産の薪などの産物。近隣への金融業等々。とても、公方の対面を意識したような生活はできないと推測される。
Reply Retweet Like
阿波公方研究会 Dec 29
の、江戸期の収入源の一つに、 がある。旧那賀川町の調査によると、十九枚の現存が確認されている。
Reply Retweet Like
阿波公方研究会 Oct 17
の、江戸期の収入源の一つに、 がある。その由来は、四代義次のとき、大掃除をしていたら、館の床下でマムシが大量死していたからという。その理由は足利将軍の御威光という事で、買い求める人が出たため発行するようにな
Reply Retweet Like