Twitter | Search | |
Search Refresh
さとなお Nov 28
アートはまだ勉強中だけど、勉強を続けていく中で好きになったアートがたくさんあるので、少しずつ書いていこうかと。 のこれは、もう25年くらい好きだけど。 好きアート(1) 〜ポロック『One: Number 31, 1950』
Reply Retweet Like
RroseSelavy2020 Aug 5
Reply Retweet Like
金谷ヒデユキ Dec 12
アメブロを更新しました。 『天才画家たち』 【他画像2枚】
Reply Retweet Like
Yutombo55 May 30
Replying to @yutombo55
MoMAにはもう一度行きたい。出来る事なら何度でも行きたい。
Reply Retweet Like
世界一周エステティシャンの地球を旅するマッサージ🌍東京サロンことら 下平のぞみ Oct 20
PJの名画イメージ が秀逸❣️👙 あたりで第2弾、いかがでしょう?☺️✨ (没案) (ロマンチックな気分になれないため) はぜひ個人的に欲しい…💝
Reply Retweet Like
きっかけ作家 27 Jan 19
Reply Retweet Like
Masaru K. 17 Mar 19
こちらにMacbookがあるじゃろ? ( ^ω^) ⊃画像2⊂ こちらにはジャクソン・ポロックがあるじゃろ? ( ^ω^) ⊃画像3⊂ これをこうして ( ^ω^) ≡⊃画像4⊂≡ こうじゃ ( ^ω^) ⊃画像1⊂
Reply Retweet Like
かんた Feb 16
Reply Retweet Like
キリスト・マイトレーヤと覚者方 松田慶広@FFRK 11 Apr 19
Replying to @g1oIBDyXKXVQTQ2
Reply Retweet Like
MaybeChubby 21 Apr 19
続)撮影NG会場、作品達の振切れ具合に拍手喝采。すげえ!SMAPとずっと伴走してきたファンの方々に応えているのかな。あと、作品にエゴが感じられない所にグッときました。色々と余韻が凄かった。対談で横尾さんが「身体的」と評してたのよくわかる。
Reply Retweet Like
竹内 功 May 30
Reply Retweet Like
おしゃべり美術館びじゅツイート Nov 8
Reply Retweet Like
luiselico Aug 24
Reply Retweet Like
足立 賢祐@社長繋げます 28 Feb 19
【倦怠期の突破口】 倦怠期の突破口は変化をつけること 但、タイミング時間を変えるのはNG 内容、場所、やり方を変えるのがいい 一番大事なのは 「次の習慣化を決めること」 達成してしまうと気が抜けやめてしまう落とし穴がある 習慣を1つでも多くつけて自分自身のレベルを上げよう
Reply Retweet Like
足立 賢祐@社長繋げます 28 Feb 19
【反発期の突破口】 反発期を乗り越えるには2つ 1小さく始める 2記録する 1は時間を短くしたり難易度を簡単にすればいい 読書なら2分 ランニングなら服だけ切るなど 2はシンプルに記録する 簡単な項目・楽しく工夫・数値と感情を書く この辺りを抑えれば乗り越えれる
Reply Retweet Like
ローズキャット Jan 25
ジャクソン-ポロックは、ピカソに傾倒したが、ピカソが通常の描画の鉱脈を堀つくしていることを悟り、表現されたものより、表現のしかたに新シさを求めた⁉️   
Reply Retweet Like
Taro Fukui🌖 9 Dec 18
数年前に買ったポロックのポスターを貼ってみる
Reply Retweet Like
ローズキャット Feb 11
ジャクソン-ポロック(1912~1956)(米)、初期はピカソに傾倒したが、鉱脈が堀尽くされていることを悟り、身体性を生かして無意識と狂気の世界に突入して行った。 新しい世界を切り開いたが、あまりにもハードな為、長くは生きられなかった⁉️  
Reply Retweet Like
足立 賢祐@社長繋げます 28 Feb 19
【不安定期の突破口】 不安定期を乗り越えるには パターン化つまり仕組みを作ること 習慣化したい行動をどのタイミングでどんな内容でやるか 具体的に時間、場所、内容を決めること ここで例外ルールを作っていると自己嫌悪なく乗り切れるのでしっかり決めとくことが大事やで
Reply Retweet Like
uchiha Aug 9
 にうったえる制作。 まるで作品と作者が制作の中で1つになるようなイメージ。  と呼ばれるこの技法は自分がまだ意識していない可能性が  から浮き上がってくるような気持ち良さがあると思う。      
Reply Retweet Like