Twitter | Search | |
Search Refresh
鈴屋@B'z ZeppNAGOYA 7/18 Jul 14
銀色の袋に入れて売るといいよ、まーちゃん。 ←あたり ハズレ→  
Reply Retweet Like
キュベちゃん Jul 14
Reply Retweet Like
メシア Jul 14
主役が変わる演出が素晴らしい… 四三さんありがとう、お疲れ様
Reply Retweet Like
Tamiya AKIRA タミヤ アキラ Jul 14
椙山は今もあるお嬢様学校。
Reply Retweet Like
シャン・あざらしTNG Jul 14
視聴者は痛快男子と抱き合う姿がオリンピックの一番の思い出。
Reply Retweet Like
天地百八 Jul 14
視聴者にとっても、あなたたちと駆け抜けた時間はどれもこれも懐かしいです...
Reply Retweet Like
弾正 Jul 14
オチw あーっ、金栗四三編から田畑政治編に完全にバトンタッチなんだな😢 良い演出だった😭
Reply Retweet Like
あさひ Jul 14
四三さんがオリンピックの一番の思い出をひとつに絞れるわけもなく、それらの象徴として「倒れた時に村人が助けてくれたときの紅茶と甘いお菓子の味」に凝縮されてるだなんてロマンチックな感慨は、仮に細かく説明したとしてもまーちゃんには理解できないだろうなあ(笑)
Reply Retweet Like
かかまつ Jul 14
もう元気な実次さんに会えないので、これを貼れと言われた気がしました。
Reply Retweet Like
はじかみ(あねき) Jul 14
寧ろ欲しいカクさんのブロマイド
Reply Retweet Like
のんのん Jul 14
「お前のために頭を下げ続けた 兄上の側におれ」 実次さんを罵倒していたのに、 実次さんの努力を一番理解していたのは幾江さんだったんだね。
Reply Retweet Like
八化増🎑 Jul 14
四三さんの別れの言葉、まーちゃんに向けてだと思うけど、まるで次の時代からも、別れを告げるような感じがする……(滂沱の涙)
Reply Retweet Like
ひぞっこ Jul 14
金栗四三の息子・正明を演じるのは 幼少期の四三を演じた久野倫太郎くん。都会の子供にはない、この独特の垢抜けない(失礼)感じが 独特で いいんだよなぁ。博多の子役事務所所属で、出身は熊本県。大河班は、いい子役を 見つけて来たよ。
Reply Retweet Like
いが(たろに) Jul 14
あのとき命を救ってくれた紅茶と甘いお菓子なんだけど、その素朴な味がたくさんのことを万感をもって思い出させるということなんだけど、まーちゃんには何もわからない。実感としてもわからない。それが、四三が歴史になったということなんだろうなあ。
Reply Retweet Like
ルルフ Jul 14
ストックホルム五輪に出場した日本史上初のオリンピアン金栗四三が走った男子マラソン競技が行われた日こそ107年前、1912年の今日、7月14日 第一部の実質最終回とも感じられるのが今日の回「替り目」 何もかも緻密に計算され尽くしたというか…運命的というか必然的と言おうか もう凄い
Reply Retweet Like
ぬえ Jul 14
ここまで散々口が悪いまーちゃんを見せてきて、その男に「金栗さんだけは認めないわけにはいかない」と言わせる。 さよなら、ありがとう四三さん。ありがとう、これからもよろしくね政治さん
Reply Retweet Like
Shimizu / easeback Jul 14
テロップのデザインフォーマット制作などでお手伝いさせてもらっている「いだてん」ですが、今回登場した秘書・清水照男は実の大叔父なんです。こんなに面白いドラマで親族のテロップを作ることになるなんて光栄です
Reply Retweet Like
an_shida Jul 14
コメディっぽく描いているけど、金栗とは違う戦い方をする田畑、金栗を理解できない田畑、そして時代の移り変わりを活写していて素晴らしい。
Reply Retweet Like
大河ドラマ「いだてん」 Jul 14
公式サイト ♣を更新🏃🏻 「さらば、実次」 誰よりも弟 を気にかけて、愛情を注いだ 。これまでの名場面を振り返ります。
Reply Retweet Like
かかまつ Jul 14
普段口に出せない呟きを本人に聞かれる。 冒頭に孝蔵が演じていた落語・替り目を、孝蔵おりん夫婦にリンクさせる。それで終わらない二重三重構造がいだてんだ。 田畑が前回こき下ろした金栗を讃える。 私達の半年、四三の半生を振り返る。 元祖オリンピック。てえしたもんだ。 さようなら。
Reply Retweet Like