Twitter | Search | |
原田智秀 @医王山福楽寺
真言僧。念持仏は般若仏母、『金剛般若波羅蜜経』『般若心経』受持、般若仏母根本真言念誦。Twitterでは「仏教関係・仏典の言葉・お寺の近況・仏教書紹介」など発信しています。宜しければ、皆様お気軽にフォローお願いします♬ バファローズ関係はFacebookでやってますので、Bsファンの方はそちらでお願いします。
821
Tweets
209
Following
167
Followers
Tweets
原田智秀 @医王山福楽寺 42m
鳥の仏教 鳥は美しい。様々な動物がいてそれぞれに美しいけれど、フォルムの多様さと、それでいての全体の完成度は、鳥が至高だと思う。そうして、鳥は健気な生活者であり、哲学を生きる者でもあるように感じる。これは勝手な投影。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 2h
雷鳴りまくり。玄関消灯しに行ったら外にカエル。 で、調子こいて写真撮ってたら左足を強打。治りかけてたのに、たぶん明日の朝には腫れてるかも。超痛い。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 2h
これな。 心情的には辛いものがある。 が、よりローカルな文化として考えたら別に支障ないとも言えるけど。 ガンダルフやマーリンこそドルイドだと信じて問題なかった青春の日々も過去の話になるのであろうか…
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 9h
いや格好はそこそいいけど、外野席ないの? だとしたら斬新だな😅 というか、ドームじゃなくてもいいの? 北海道ですが…開閉式という話もあるけど、そんな風には見えない…。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 retweeted
ダライ・ラマ14世bot 9h
日本のことだけ、自分の町だけ、ほんの身の周りの関係だけを考えるとフラストレーションがたまります。よりホリスティックな視野をみなさんの中で開発し、よりグローバルな考えを持っていただきたいと思います。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 10h
僕はかつてインドの勉強をしてて、貧乏バックパッカーだったけど3度ほどインドに行ったこともある。あの頃は痘痕も笑窪でインドのすべてを好きになろうとしていたけど、よく考えたら嫌いなとこいっぱいあるし、興味ない分野もいっぱいある。カレー口に合わん。映画興味ない。それでもまた行きたいな。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 10h
Replying to @haradasatoshi4
起点は学問でもなんでもない。所縁の聖教と念誦の保持。極めて単純でシンプルなこと。そこを忘れなければ、何一つ捨てるものはないし、特段に取るべきものもない。捨てず、取らず、捨てて、取る。自由だ。楽しい。歓喜。 そういえば僕のIndian nameはSantosh(満足)だった。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 11h
僕は僧侶になって18年弱、ようやく最近、やっと僧侶としての自分のあり方が見えてきた。そこを起点にして、ダルマの世界をふらふら散歩しています。それなりの根拠は問いますけど、学者じゃないからギチギチに詰めた議論は無用。この世界を真剣に遊びましょう。起点だけはしっかり。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 11h
「愚者は月という仏を知らない。智者は手の指を使う。指は月ではないけれども、指によって仏の方向を示すからである」(宗秘論) 経典など言葉の教えは指。記述不能の絶対的な「それ」が月。人は指を凝視してそれを真実自体と見なしがちだ。しかし月はそれじゃない。しかし同時に、両者は融会する。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 12h
『サキャ格言』とインドの説話 面白そう。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 Jun 28
Replying to @haradasatoshi4
そらまぁ、あんまり勉強してない、仏教すらあまりわかってないような坊さんだってたくさんいるけど、相対的に、それでも貴重な知見を有する人はおられる。ただ、田舎の寺院に引きこもってる😏 ウォーリーを探せじゃないけど(古いな)、そういうのが日本の底力でもあるんじゃなかろうか。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 Jun 28
坊さんって以外に色々な分野を知っていたりする。みんながみんなじゃないけど、仏教以外にも専門的な知識を持っていたり。現代はそういう「市井の知識人」は東京などの大都市にばっかりいますが、坊さんは過疎の田舎にもいるんです。地方にとっては、坊さんって、実は貴重な人的資源なんです。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 Jun 27
Replying to @haradasatoshi4
「真理を観照せんとする精神の広大なフィールド」云々については、もちろん更に西のギリシャ世界、ヨーロッパ、東の中国、日本にまですべて連絡している。一体の構造として捉えた時に見えるものがあるだろうし、僕はそれを観たい。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 Jun 27
Replying to @haradasatoshi4
「だから大乗は純粋じゃない」わけではなく、むしろ「だからこそ大乗はより根源的だ」と、敢えて言いたい。それを特定の文化的文脈に引寄せ過ぎてしまい、真理を観照せんとする精神の広大なフィールドを撥無したならば、それこそ普遍を捨てて、ローカルな文化事象に仏教を押し込めることになる。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 Jun 27
大乗仏教を知ろうとした時、そのルーツを狭く部派仏教やインド思想だけに結びつけて解釈しても徒労だ。真理を観んとする精神史というものはもっとフィールドを広くとらなきゃいけない。インドからイラン、更に地中海に至る地域は実際に一体的な構造として考えた方がいい。その東に大乗は生まれた。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 Jun 27
「不生不滅の本源を悟ることによって、言葉や罪、因縁から離れた空の世界を知り、そこから真実の智慧が生まれる」(秘蔵宝鑰) 因縁は世俗諦。そこから離れた空を悟る。が、空を知ることが真実の究極ではない。空を「知る」ことにより「そこから」真実の智慧が生まれてくる。「知る」うちはまだまだ。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 Jun 26
親や先生が「子供を引き上げてやろう」としても、それがうまくいっても「あらゆる意味で」あなたが立ってる場所までしか上がらない。もしあなたが子供に対して「自分を越えてほしい」と思うなら、あなたの見たことのない景色を子供が見られるようにしなくちゃならない。質の良いブースターになれ。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 Jun 26
「世界を創る本体は宇宙に遍満し、網の目のように関連しあっている。現象として現れたり消えたりしているが、この去来は渾然一体である」(大日経開題) …と、僕も含めてみんなわかったように語る。言うのは誰でも言えるけど、本当にそう腹に落ちてわかってるのか。「知っている」のか。
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 Jun 26
Reply Retweet Like
原田智秀 @医王山福楽寺 Jun 26
来週あたりにはいよいよ、例のフクロウカフェに突撃せねばなるまい。まぁ、個人的には鳥は飼わずに大空を飛んでこその鳥だと思うのだけれど、とはいえ、フクロウカフェは気になる。 ところで鳥って、よく「恐竜の末裔」とか言われますが、いやいや、あれは末裔じゃなくて、今でも小型の恐竜ですよ。
Reply Retweet Like