Twitter | Search | |
後藤裕文
裏千家茶道助教授。茶名は宗裕。横浜市港北区在住。ITエンジニア。妻が主宰する裏千家茶道流水会で初級者を指導。厚紙で造形して和紙などを全面に貼って安全なニスで仕上げる塗紙器を考案して茶道具や菓子皿などを制作。ワークショップ、注文制作、販売、イベントへの出展をします。
17,977
Tweets
344
Following
593
Followers
Tweets
後藤裕文 11h
午後の家庭茶会です。お抹茶は碧翠園の松の翠、お菓子は鶴乃子です。薄茶は妻が点ててくれました。今日は二服ずつです。銘々皿は新作の丸皿です。白いお菓子は濃い色のお皿に乗せると映えますね。これからリメイク茶筅箱のオンラインワークショップです。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 24
現在レギュラーで使っている三本の茶筅です。レギュラーの茶筅は自作の茶筅直しに載せています。手前は藍色、後ろの二つは黒ですこの茶筅直しはちょっと移動するときなど、茶筅の穂に触れなくていいので便利です😊
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 24
夕方の家庭茶会です。お抹茶は碧翠園の大極、お菓子はどら焼きです。お菓子皿は薄墨を使ってろうけつ染めをした和紙をくるみ貼りして菓子皿に使えるニスを数十回重ね塗りしたものです。ろうけつ染めの和紙は私のお気に入りの紙の一つです。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 22
Replying to @gohi62
このお皿は和紙の上からニスを薄く薄く数十回重ね塗りしています。ニスを塗ることで紙の表面の乱反射が抑えられて、紙の中に隠れていた色がはっきり見えるようになります。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 22
午後の家庭茶会です。お抹茶は碧翠園の松の翠、お菓子は源吉兆庵の御前栗などです。肌寒くなってきたのでお湯の温度を少し高めにしたら、抹茶の味がおいしくなりました。銘々皿は和紙をくるみ貼りしたお皿です。和紙はやっぱり和の文化に合います。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 22
Replying to @AwagamiFactory
アワガミファクトリー様の紙は大きな作品から小さな作品まで数多く使わせていただいています。このお皿は小物用に買い置きしてある15cm角のアソートで作りました。そういえばアワガミファクトリー様のお名前を投稿に書いたのは初めてかもしれません😊
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 22
教外別伝不立文字、本当にそうだよな。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 22
くるみ紙に和紙を使った銘々皿(菓子皿)です。食品に安全なニスを数十回重ね塗りして仕上げてあります。水洗いもできます。和紙はアワガミファクトリーさんで購入したものです。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 20
かぼちゃのきんつばになったジャック・オー・ランタンです😊
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 15
染和紙の銘々皿です。和紙の産地ごとにそれぞれ特徴があって塗紙器にしても違ったテイストになります。この銘々皿は杉板の半分くらいの薄さなので、野点など外に持っていくときも便利です。普通に水洗いできます。この銘々皿を作るオンラインワークショップもやっています。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 14
返事は早い方がいいと言われるが、返事が遅れることで発生する機会損失やトラブルに比べて、焦って出した返事の方が深刻なトラブルを起こすことが多かった気がする。焦っているときほどトラブルが起きやすいので、ゲームやSNSでもして焦りが収まるまで時間つぶしをした方がマシだったりするんだよな。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 14
漆喰和紙銀雪を貼った筒茶筅箱とリメイク茶筅箱です。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Oct 2
今日は塗紙器の銘々皿づくりのオンラインワークショップです。写真のお皿を作ります。キットにはほかに4枚の色違いの和紙が用意されていますので合計5枚の銘々皿が作れます。このワークショップは11日(日)と14日(水)にも開催します。締め切りは明日です。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Sep 24
一昨日のお茶の稽古場の庭の小紫、くちなし、萩、百日紅です。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Sep 8
紙で作った建水です。生地を丈夫に作ったあとでニスを何度も塗ってありますので、お湯や水を満タンに入れても平気です。貼紙はネパールの手漉きの紙にろうけつ染めしたものです。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Sep 7
紙で作った茶杓です。左の二本はまだ生地の状態でこれに色紙を貼ってニスを何度も何度も塗って仕上げます。完成すると紙とは思えないくらい丈夫になります。いろいろな素材で茶杓を作られている方はいらっしゃいますが、紙で作っている方はいらっしゃるのかな?
Reply Retweet Like
後藤裕文 Sep 7
塗蓋づくりのワークショップで作る薄茶器です。ワークショップではグラスには手を加えませんが、季節に合わせた絵を描くと楽しめます。私は紅葉🍁の絵を描いてみました。詳しくはインスタで「塗蓋づくりワークショップ」を検索してください。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Sep 5
小皿。もむむら染和紙、デザインペーパー、千代紙、ネパール紙。一部の例外を除いて今日投稿した一連の作品はすべてワークショップで作れます。
Reply Retweet Like
後藤裕文 Sep 5
茶筅ホルダー
Reply Retweet Like
後藤裕文 Sep 5
豆皿。もみむら染和紙、むら染和紙、千代紙、デザインペーパー。
Reply Retweet Like