Twitter | Search | |
FACTA編集人 宮﨑知己
『FACTA』は新聞やテレビが報じないことを追い求めています。取材の深さを重視し、物事の真相を他の媒体よりも詳しく、いち早く伝えます。このTwitterでは編集人が『FACTA』の記事のミニ解説を展開します。編集人がこれは大事だと思った、他メディアの記事やブレーキングニュースについてもつぶやきます。
2,193
Tweets
6,559
Following
15,288
Followers
Tweets
FACTA編集人 宮﨑知己 retweeted
FACTA編集人 宮﨑知己 15 Sep 17
【🙊よく読まれています】 🇫🇷共同のブラジル発の記事でおとといから東京五輪不正誘致疑惑が盛り上がっていますが、震源はフランス検察です。『FACTA』は1年以上前からその動きをウオッチしています。 東京五輪「裏金」仏捜査が拡大
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 retweeted
FACTA編集人 宮﨑知己 15 Sep 17
Replying to @factaonline
🙊電通としては、彼にはセネガルから出てきてほしくないことでしょう 「彼は肩書を利用して悪事や怪しげな取引に何でも関わってきたとされ、電通も内心往生していた。国際刑事警察機構が指名手配しているが、本人は不正行為を否定して母国セネガルに逃げ込んだままだ」
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 retweeted
FACTA編集人 宮﨑知己 15 Sep 17
Replying to @factaonline
🙊ロシアがドーピング事件をもみ消して欲しいと賄賂を送った秘密口座に東京の招致委は送金したわけです。キレイな金と言えるでしょうか 「招致委の送金先は国際陸連前会長ラミーヌ・ディアクらが収賄用に使っていた秘密口座であり、前会長の息子パパ・マッサタ・ディアクと親しい人物の名義だった」
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
Replying to @factaonline
ツイート本文に「訴追の報道に」とありますが、「訴追手続き開始の報道に」に改めます。よろしくお願いします。
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
本誌主筆・阿部重夫ブログです。 「東京地検特捜部検事が竹田会長、五輪招致委員会の水野正人専務理事らに事情聴取し、招致委の銀行口座記録などとともにフランスに送っている」 「FACTAはこのやり取りが実際あったことを示す資料を入手している。竹田会長の聴取内容も」
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
Replying to @factaonline
これは降って湧いて出てきた事件ではありません。電通に支配された日本の大多数のマスコミが報道を控えていただけで(英ガーディアン紙が書いたときは追っかけ報道をしましがすぐに沙汰止みに)フランスの司法当局は虎視眈々と狙っていました。
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
Replying to @factaonline
カルロス・ゴーン逮捕の仕返しだなんて論調も出ていますが、その真偽はさておき、フランスの司法当局はずっと粘り強く事件を追っていましたから。
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
FACTAのホームページ に来ていただければ、 右ナビの下にある写真ボタンのところに秘密契約書の全文を格納してあります。 ここは無料でご覧いただけます。
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
Replying to @factaonline
これも再掲です。 ✍️そして最後の四つ目がこれ。 ④現行および新契約の修正条項 15年8月29日、高橋惣一が署名 「この4通について電通に署名部分のコピーを送って確認を求めたが、社外秘を理由にコメントを拒否した」
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
Replying to @factaonline
はいこれも。 ✍️三つ目の契約書がコレ。スポーツの放映権って10年契約なんですね ③新契約 期間を20年1月1日から29年12月31日まで延長する契約、14年8月6日にスポーツ局局長(当時)中村潔が署名
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
Replying to @factaonline
これもです。 ✍️二つ目の契約書がこれ。 ②更改契約 国際陸連とそのオランダ子会社、電通3社の14年1月1日付の更改契約、15年5月7日にスポーツ局局長(18年1月1日から執行役員)高橋惣一が署名
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
Replying to @factaonline
これも再掲です。 ✍️第1の契約書は10年前に結ばれたものです。 ①現行契約 独占マーケティング権(北米、欧州以外)を10年1月1日~19年12月31日まで供与する契約、08年9月30日に電通役員、秋山創一(現ビデオリサーチ特別顧問)が署名
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
Replying to @factaonline
再掲となりますが ✍️ロシアのドーピングに絡む収賄容疑で仏司法当局に逮捕されたディアク氏が電通と交わした契約書です 「Strictly Confidentialと銘打たれた全84ページの文書はめったにうかがい知れないスポーツ利権の闇の奥を白日のもとにさらした。契約書が4通あってすべてディアク前会長が署名」
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Jan 11
電通に支配された日本の大多数のマスコミは本日の仏Le Monde紙の竹田恒和氏訴追の報道にてんやわんやの大騒ぎになっておりますが、FACTAはずっと事件化すると睨んで報道しておりました。 電通「東京五輪買収」の物証
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Dec 31
SEXY ZONE 1人ステージから転落したけど、新年のステージはそのまま続く。大丈夫なのかなあ😰
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Dec 19
Replying to @factaonline
あーあー、と開いた口がふさがらない。
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Dec 19
Replying to @factaonline
組織の行く末を案じる忠臣を斬り捨てる。暗君なり。
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Dec 19
Replying to @factaonline
🚙信賞必罰が効果を発揮するには透明性と公平性の担保が必須です。社長の「守役」や「小姓」が身贔屓される中で、一般従業員は信賞必罰というのはいかがなものでしょう。モチベーションが下がるのではないでしょうか。
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Dec 19
Replying to @factaonline
🚙角界のように、降格、抜擢ありありの会社に変えるそうです。大企業としてはかなりチャレンジング😆急な制度変更にトヨタ社内からは不満とも悲鳴とも受け取れる声が聞こえてきました。
Reply Retweet Like
FACTA編集人 宮﨑知己 Dec 19
🚙トヨタ自動車は人事制度を抜本的に改めました。55人いた執行役員は一気に23人に減らす一方、豊田章男社長を取り巻く副社長陣は全員残留。何が起きているのでしょう。 「長男大輔氏への社長継承の布石だ」との批判も噴出。創業家による専制支配はいつまで続くのか。
Reply Retweet Like