疲労と哀愁 Jun 13
オタクというよりネット民は、イジメっ子が大嫌いなだけでイジメは大好きだというのが日に日に実証されつつある。