Twitter | Search | |
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント
「産・学・民」が力を合わせて 推進している人工衛星打上げプロジェクト、ドリームサテライトプロジェクトの公式アカウントです。 航空宇宙産業の関係者だけでなく、大学の先生や学生、宇宙好きの市民が 人工衛星の共同オーナーになって宇宙に「夢」を打上げます。
134
Tweets
10
Following
215
Followers
Tweets
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 13
10/6(日) JAXA協賛のコズミックカレッジ・キッズコースにて、ドリームサテライトプロジェクトの展示(開発中の衛星のモックアップなど)を行います。 詳細はHPをご確認ください。
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 4
Replying to @DSP__OFFICIAL
そこで我々は電界結合型ワイヤレス電力伝送方式を提案しました! 磁界に対し、垂直に発生する電界は磁気トルカに影響を及ぼすことなく電力を伝送できます。 宇宙空間に浮かぶ人工衛星内部でワイヤレス充電が出来れば、なんと世界初! なんとしても成功させたいと考えております。
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 4
Replying to @DSP__OFFICIAL
人工衛星の姿勢制御方法として、地球の磁気(地磁気)を利用した磁気トルカというものがあります。 このため、電磁誘導方式のような磁界を発生させる装置を入れてしまうと、うまく地磁気を検知できない可能性が出てきます。 そこで、このミッションでは電磁誘導方式とは別の方式を用います! つづく↓
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 4
Replying to @DSP__OFFICIAL
超小型人工衛星の中はコネクタやケーブル類でびっしり! これらをワイヤレス化できると、打上げ時の振動による断線を防ぐことが可能に! 現在、主流となるワイヤレス電力伝送方式は、電気シェーバーの充電などに用いられている電磁誘導方式というものです。 実はこの方式は人工衛星には使えない…!
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 4
Replying to @DSP__OFFICIAL
その3! ☆ 超小型衛星の電界結合型共振システムを用いた非接触電力送電の技術実証試験☆ ミッション名が超長い! いわゆるワイヤレス充電です。 iPh○neなど、ワイヤレス充電可能な機器が市場に出てきていますね。 ワイヤレス充電はケーブルなどの電線を必要としない電力伝送方法です。 つづく↓
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 3
Replying to @DSP__OFFICIAL
短期間の運用であれば、経年劣化はするものの、人工衛星への充電は可能であるケースがあるので、高価な宇宙用太陽電池ではなく、民生用太陽電池を用いることで人工衛星開発の低コスト化を図ります。 誰か宇宙にコンセント作って(中の人心の叫び)
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 3
Replying to @DSP__OFFICIAL
ミッション1で取り上げた放射線にこの太陽電池は非常に弱く、経年劣化によりバッテリーに充電する力が低くなり、バッテリー切れを起こす問題があります。 放射線に強い宇宙用太陽電池は高価であり、2cm四方の太陽電池が1枚2〜3万円になるものもあります。 続きます↓
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 3
Replying to @DSP__OFFICIAL
その2! ☆ 超小型衛星の低コスト化を目指した非宇宙用太陽電池の宇宙での技術実証試験 人工衛星の電力源はバッテリーですが、宇宙にはコンセントがないため、バッテリーへの充電方法は太陽の光を電気に変える太陽電池というものを使います。 続きます↓
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 3
Replying to @DSP__OFFICIAL
この部品であれば、短期間の運用で実証しているので使える!など、これからの人工衛星開発の指標になればと考えております。 余談ではありますが、この人工衛星に対する放射線問題、ブラジル上空を通過した際によく発生します。 詳しくは南大西洋異常帯(South Atlantic Anomaly,SAA)をご覧ください。
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 3
Replying to @DSP__OFFICIAL
その1! ☆超小型衛星の高性能化に向けた高集積回路の実証試験☆ 宇宙ではエネルギーの高い放射線が降り注ぎ、電子部品(主に集積回路と呼ばれる高密度の部品)が故障するケースがあります。 これら部品を衛星に搭載し、経年劣化を調査します。
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Sep 3
連日の暑さに溶けてしまいそうな筆者 です。 よく様々な宇宙関係のイベントで人工衛星を打上げて何するのー?などのご質問をいただくので、我々が開発する人工衛星では何をするのか、ご紹介したいと思います!
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Aug 21
Replying to @DSP__OFFICIAL
今、プロジェクトマネージャーと参加いただいたゲスト2名とお食事中です!!!
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Aug 21
人工衛星開発会議終わりました!!! 打上げ日程などのとても濃厚な議論で大盛り上がりでした。 今回はスペシャルゲストとして、我々のプロジェクトのオーナー様、Twitterで興味を持っていただいた方に参加してもらいました! 次回会議は少し空いて10月4日予定です! 興味があれば是非に!!!
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Aug 18
皆さまおはようございます! お盆休みはいかがだったでしょうか。 さて、以下日時および場所にて人工衛星開発会議が実施されます。 日時: 8月21日(水) 19:00〜21:00 場所: 関西大学梅田キャンパス 6階601号室 会議にご参加希望の方は、DMでご連絡をお願い致します!
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Jul 25
今日の人工衛星開発会議が無事に終了しました! 白熱したバトル(?)が繰り広げられた模様です。 本プロジェクトが開発する世界初の人工衛星内部のワイヤレス化、興味のある学生が出たとのこと!!!!
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Jul 25
本日は19:00より7月の人工衛星開発会議が大阪工業大学 梅田キャンパスにて実施されます! 梅雨が明けて暑い中、熱い議論が交わされます! 人工衛星や宇宙に興味のある学生、人工衛星開発に関わってみたいけど、何をしたらいいの?という方がいらっしゃいましたら、DMにてご相談に乗ります!
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント retweeted
RUKI science enjoyer Jul 11
7月17日と22日に精華町で開催するまちゼミ 「はやぶさ2と宇宙を語ろう」にてもっとはやぶさ2や宇宙を楽しめるライフハックとしてこちらの皆様をご紹介したく思います。(リプに続きます
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Jun 26
6月度の人工衛星開発会議が無事に終了しました! いつも通り議論が白熱し、みんな大賑わいでした。 今日はスペシャルゲストとして、オーナー様が見学に来てくれました。 次回は7/26(金)の予定です。 参加希望の方はDMをお願いいたします!
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Jun 25
本日19:00より、大阪工業大学 梅田キャンパスにて人工衛星開発会議が行われます! 毎月実施の人工衛星開発会議、毎回白熱したバトルが繰り広げられます! 筆者は宇宙に打ち上がるFM(フライトモデル)の前段階、EM(エンジニアリングモデル)の電気設計に関する報告を行う予定です。 記: ぎーち
Reply Retweet Like
ドリームサテライトプロジェクト公式アカウント Jun 21
九州工大の人工衛星が無事に放出されましたね!! 無事にビーコンが取得できますように! 我々が開発してる衛星も、こんな感じで国際宇宙ステーションから放出されます! それにしても、CGみたいな写真ですね!!
Reply Retweet Like