Twitter | Search | |
北海道新聞
函館空港から西へ約30キロの山中で、大破した状態で発見された陸上自衛隊機。事故現場や飛行高度から、同機が管制官との最後の交信からわずかな時間で急降下した可能性があることが分かりました。
Reply Retweet Like More
えりし~ May 16
Replying to @doshinweb
1,7kmで600mも…って、人的ミスよりメカニカルトラブルを疑っちゃうね。正面装備の充実も大切だけど、補給や連絡等の後方を軽んじた結果で無いことを祈る。 亡くなった方々のためにも原因究明は「完全」に行って欲しい(*`・ω・)ゞね
Reply Retweet Like