Twitter | Search | |
ナンバユウキ
分析美学|人間とキャラクタを哲学しています|批評 :|さいきんのおしごと:ユリイカ七月号VTuber特集および硝煙画報に寄稿
726
Tweets
87
Following
488
Followers
Tweets
ナンバユウキ 17h
もしどこかでお呼び頂けるなら、とてもうれしいですね
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 17h
分析美学の道具立ては、きっと、短歌を実作されている方や批評をされている方のお役に立つと思います。そのお手伝いができればうれしいです
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
中島裕介 17h
分析美学と短歌・詩歌はもっと関わっていいと思っております。総合誌では厳しいかもしれませんが、「ねむらない樹」あたりでどうですか?ダメそうなら、文フリに向けて冊子を企画してもいいかもしれませんね。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 18h
笹井宏之批評の準備として、詩の哲学/詩の美学入門記事を書いています。詩の定義、詩人の表出と言語行為、翻訳不可能性、詩的な真理と深遠さといった主要なトピックから分析美学における詩論の輪郭を描きます。おたのしみに
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
ナンバユウキ Jan 16
ただいま、没後十年を迎え、作品集『えーえんとくちから』の文庫版が刊行された、とても好きな詩人、笹井宏之の批評を書いています。分析美学の詩論を手がかりに、リズムと意味の広がりを考察しています。もしどこかの媒体で特集する機会があれば、是非お声がけくだされば幸いです。宣伝失礼します。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jan 18
もちろん、持ってなかったひとも買ったほうがよい
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jan 18
ちくま文庫にて刊行された笹井宏之の『えーえんとくちから』。PARCO出版の黄色帯の方持ってるからいいやって思ってるひとも、未発表原稿(詩、俳句、エッセイ)と穂村弘による解説も追加で収録されているので買ったほうがよい
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jan 17
みなさんも、ガルラジ鑑賞––––貫世界的メディアが表象するキャラクタの虚構的心的状態に貫世界的メディアによって生成されたあなたの心的状態をサンプルに現象的理解を行い共感することで虚構世界と現実世界の心をリアルタイムにチューニングする鑑賞経験––––をしてみませんか
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
ナンバユウキ Jan 16
『ガールズ ラジオ デイズ』––––周波数を合わせて - Lichtung Criticism メディアと鑑賞者の経験に焦点をあて『ガールズラジオデイズ』の「リアル」な質感を分析美学を手がかりに考察しました。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
ガールズ ラジオ デイズ公式 - ガルラジ Jan 17
本日19:30~ガルラジのネットラジオ第3回が放送されます! 応援宜しくおねがいします♪ ✨チーム双葉「たまささsistersのごきげんラジオ」 ✨チーム徳光「手取川海瑠の週末ラジオ」 ✨チーム御在所「ラジオ カグラヤ怪奇探偵団」 番組ページはコチラ▶️
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jan 17
つぎの締め切りが欲しい
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jan 17
ひとしごとおわり
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
ウェブ版美術手帖 Jan 16
空間と物語のフォームの可能性を追究するアーティスト・大岩雄典が初の大規模個展を開催(駒込倉庫、2月9日~3月2日)
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jan 16
ただいま、没後十年を迎え、作品集『えーえんとくちから』の文庫版が刊行された、とても好きな詩人、笹井宏之の批評を書いています。分析美学の詩論を手がかりに、リズムと意味の広がりを考察しています。もしどこかの媒体で特集する機会があれば、是非お声がけくだされば幸いです。宣伝失礼します。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jan 16
「鑑賞者の心的状態をどう操作するか」はあらためてとても重要な視座ですね。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
tacker10 Jan 16
俳優、のみならず、観客をどのようにして動かすことを試みているのか(私の元々の問題意識であるところの、「動いているのは誰か」)。 アニメという場を通じて、改めてそのように捉え直してみるのは、意外とまだまだ掘り下げ甲斐があるように思われるんですよね。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
tacker10 Jan 16
『ガールズ ラジオ デイズ』––––周波数を合わせて - Lichtung Criticism 面白い。あと、形式の重要性を改めて再確認。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jan 16
うれしいことば。「そう、それ!」の楽しさがありますし、さらに「ほんと? そうかな?」の楽しさもありますね。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
紙草 Jan 16
分析美学って全然わからないけど何本かそういうアプローチの文章読んだ印象では、「そう、それ!」をちゃんと言葉にしてくれるものという認識になってる(だから読むと「そう、それ!」って言いたくなる)
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jan 16
指摘して頂いた部分読んでるとアンテナが作動してる感じある
Reply Retweet Like