Twitter | Search | |
ナンバユウキ
哲学。美学。芸術の概念を研究しています。
160
Tweets
75
Following
164
Followers
Tweets
ナンバユウキ Feb 21
だいたいこの時期に読み始めるというわたしのなかでの儀礼がある
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 21
指輪物語。最初は読んだ頃はフロドの視点でのみ物語を読んでいたのだが、読むごとにサム・ギャムジーに親近感を覚えるようになってきた
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 21
Tseëlon, Efrat. "From fashion to masquerade: Towards an ungendered paradigm." Body dressing (2001): 103-17.読了。 社会的規範に従わない人々によって、自己のアイデンティティを形成し、社会的規範から逸脱する手段として服飾が用いられている現象を「マスカレード」という概念でまとめ分析する
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 21
無限につづく白亜の回廊の柱にもたれてうとうとしていると、前方から《強い救済の予感》が接近してきていることを感じ、確認しようと顔をあげた瞬間目覚めた。 わりと繰り返しみる好きな夢のひとつである
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 20
Replying to @deinotaton
⑵について、インタラクティブアートの特徴は、インタラクションによってのみタイプとしての作品がトークン化される点にある。タイプ-トークンの関係は音楽作品-演奏にもみられるが、作品とそのユーザーとのインタラクティブな関係は、作品-インタラクションとして独特な存在論的地位をもつ。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 20
Lopes, D. M. "Digital art." in The Blackwell Guide to the Philosophy of Computing and Information (2004): 106-116. 読んだ。 ⑴芸術制作にコンピュータ技術が与えた影響 ⑵デジタルアートのメディアとしての存在論的特徴 ⑶創造性をコンピューティングで理解する の三本。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 20
Replying to @deinotaton
気になったのは2点。⑴術語の定義の曖昧さ。⑵VR世界においても、現象の認識やコミュニケーションのためにボディを通して事象にアクセスすることが必要との指摘がおもしろい。議論はラカンの鏡像段階の議論を経由している。ほかの道具立てで議論できないか。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 20
Replying to @deinotaton
参考文献のうち、 ⑴Rheingold, Howard. Virtual reality: exploring the brave new technologies. Simon & Schuster Adult Publishing Group, 1991. ⑵ Heim, Michael. The metaphysics of virtual reality. Oxford University Press on Demand, 1994. がめちゃ引用されていると知る
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 20
Stanovsky, Derek. "Virtual reality." The Blackwell Guide to the Philosophy of Computing and Information (2004): 167-177. 読んだ。 ⑴VR概説:歴史、先行研究 ⑵VRの形而上学:実在性、認識論、身体性 ⑶VRにおける主体:可変性 ⑷VRにおける経済 のよっつを議論。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 19
虚構を通じて、現実についての正しい知識が得られるポジティブさより、間違った知識が得られちゃうことに興味を惹かれますね。いずれも虚構がほんとに知識や信念の源になっとるかが問題になりそうです
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 19
Replying to @deinotaton
⑶がいちばん惹かれるトピック。 虚構を通して知識が得られるのは: ⑴端的に特定の事実を含むから ⑵現実世界の一般的法則を教えるから ⑶現実を理解するのに役立つ新しいカテゴリを提示するから ⑷情緒的知識(affective knowledge)を提示するから
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 19
Davies, D. “Fiction”Gaut, Berys, and Dominic Lopes, eds. The Routledge companion to aesthetics. Routledge, 2013. 読んだ。 ⑴虚構とは?⑵虚構における真とは?⑶虚構を通して現実の真なる知識は得られる?⑷虚構的対象の存在論と情動の問題の4本だて。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 18
ありがてえ
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
ゆう(wrmtrm) Feb 17
はてなブログに投稿しました 英語論文の紹介記事です。「モノ化」(Objectification)の定義や、どのような「モノ化」に問題があるか、といった議論になります。 「(性的)モノ化」論のアップデート――心理学的…
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 17
Replying to @deinotaton
疑問点は、2点。⑴性的対象化は経験的にどのような裏付けのある議論なのか⑵芸術作品の分析に用いてもよいのか。 引用元のヌスバウムの論文にあたる必要がある。Nussbaum, Martha C. "Objectification." Philosophy & Public Affairs 24.4 (1995): 249-291.
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 17
Eaton, A. W. "What ‘s Wrong with the (Female) Nude?." (2012): 277-308. 読了。性的対象化(sexual objectification)を軸に、芸術作品における女性のヌードの倫理的問題を議論。ステレオタイプな女性表象がトークンではなくタイプとしての女性を対象化しているという指摘が興味深い。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 17
ツー・ファイブに抱かれて〜田中秀和のサビを聴く - Lichtung 熱く語りました
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 17
今日は車窓越しに、海に沈む夕陽に見入った。うわー! また永遠を見つけてしまったー! とひとり感動していた
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 15
Polaris コード進行解説 - おしゃれコードレッスン(仮) かっこいいブログ
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Feb 15
Polaris / Wake Up, Girls! サビ。I-VIIφ・III-IV△7-IVm△7/VII♭ 3小節目がよい〜 -Ⅵm→Ⅴm・Ⅰといきたくなるのだが、IV△7で「どこに行くんだ?」と思わせ、IVm△7/VII♭で仕留めて来る感じよ
Reply Retweet Like