Twitter | Search | |
ナンバユウキ
美学者、批評家|研究:分析美学、ポルノグラフィとジェンダー、VTuberとペルソナ、音楽と文学、SF|批評 :|研究帳:|美学相談〈ソフィスト〉: ご依頼連絡先は下記に⚓︎
10,312
Tweets
184
Following
1,901
Followers
Tweets
ナンバユウキ 9h
Replying to @deinotaton
1900年前後の進歩、ゼノフォビアとレイシズム、アポカリプス、探検、そして「失われた世界 / 人種」モノ、そして、「初期SF」が読者を獲得した謎、ガーンズバックがバロウズではなくウェルズ、ヴェルヌ、ポーをジャンルの代表として戦略と実際の「初期SF」の多元性など、かなりおもしろかった。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 9h
Rieder, J. (2009). FICTION, 1895–1926. In The Routledge Companion to Science Fiction (pp. 45-53). Routledge. H.G.ウェルズの『タイムマシン』の1895年から、ヒューゴー・ガーンズバックの世界初SF専門パルプマガジン『アメージング・ストーリーズ』の創刊1926年まで。「初期SF」の多元性。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 9h
古書店やってるミステリとSFをこよなく愛するおじさま友だちに会いたくなってきた。学校終わり、お客の来ない時間を見計らってカウンターで喋りながら、おすすめの本を教えてもらって買って帰っていた。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 9h
本そのものへのフェティッシュはあまりないと思うが『アメージング・ストーリーズ』や『アスタウンディング・サイエンス・フィクション』の古書は一度触ってみたい。どこか私設博物館みたいなの開いているひといないかな。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 9h
違う種類のものが別の場所にあると部屋は散らかって見える。そこできれいな部屋にするには種類ごとにものを整頓するか、そもそもものの種類を減らせばよい。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 10h
A. W. Eatonが、How To Do Things With Picturesという画像のプラグマティックの本の計画があるらしい。個人ウェブサイト。イートンとぼくの発想一緒だったわ。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 15h
Replying to @deinotaton
目次はこんな感じ。 歴史改変 アポカリプスSF アートハウスSF映画 ブロックバスターSF映画 ディストピア ユートピア フェミニストSF 未来史 ハードSF スリップストリーム スペースオペラ ワイアードフィクション
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 15h
Replying to @deinotaton
第四部「サブジャンル」を読む。読んだことないが繰り返し言及される作品があり大量注文している。とくに70年代のフェミニストSFはチャレンジングでおもしろい。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 15h
Bould, M., Butler, A. M., Roberts, A. and Vint, S. eds. 2009. The Routledge Companion to Science Fiction (Routledge Literature Companions), Routledge. ちまちま読み進めている。おもしろい。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 15h
日本で手に取れるSFスタディーズの邦訳本のひとつジャック・ボドゥ『SF文学』(2011年、原著2003年)では、想像の旅とユートピアものをSF前史として、ポーとシェリーを「先駆者」、ヴェルヌ・ウェルズを「父」としており、わりあいオーソドックスなSF史観だと言える。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 15h
Replying to @deinotaton
これまでのSF史研究が20世紀以前の作品を「プレSF」「プロトSF」としたのは(たとえばトマス・モア『ユートピア』1516年、スウィフト『ガリヴァー旅行記』1726年)、「文学」研究にSF「文学」研究を接続する必要性からだとの指摘はおもしろい。それを経て、小説に限定されないSF研究がなされている。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 15h
Replying to @deinotaton
コンパクトだが、SF史がどのように書き換えられ続けているのかを概観できるかなりおもしろい論文だった。プレプリントもあるので、SF史に関心のあるひとはとてもたのしめると思う。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 15h
Replying to @deinotaton
40-60sはテーマ / 作者、70sは意味論(読者の反応)、80sは社会学から、現在は、20世紀以前へのルーツの強調から20s-30sのガーンズバックとキャンベルの『アメージング・ストーリーズ』と『アスタウンディング・サイエンス・フィクション』雑誌編集戦略がSFジャンルを生み出したとする。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 15h
Evans, Arthur B. "Histories." The Oxford Handbook of Science Fiction, edited by Rob Latham, Oxford UP, 2014, pp. 47-58. いつSFが生まれたか史観の変遷。ヴェルヌ・ウェルズは「SFの父」なのか。あるいはシェリーの『フランケンシュタイン』がSFを産み落としたのか。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jul 2
Replying to @deinotaton
わたしの仕事は一攫千金を狙う人間密猟者を摘発する人間保護官だった。人間密猟者の多くは人造人間ではなく、天然人間だった。「裕福なアンドロイドの脳になった方が貧しく死ぬよりマシだ」と密猟者は口々に言う。それが冗談ではなく、宗教的精神の芽生えだと気づくのにそう時間はかからなかった。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jul 2
「人間知能は添加物不使用、自然由来で安心・安全です」近年、アンドロイドたちの間で人間脳を移植してよりオーガニックなライフスタイルを好むものが現れた。とはいえ、出回る人間知能は意識のない養殖脳だ。ホンモノの人間脳輸出は太陽系条約で厳しく禁止されていて、それだけ裏価格も跳ね上がる。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jul 2
みんなで行くと誰かが必ずカラオケで歌い出す「そばかす」を聴きながら薄いドリンクバーのコーラを飲みたくなってきた。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jul 2
SFスタディーズ読んでるとたのしくて、先にこっちに出会っていたらSF研究者からはじめていたかもと思うが、バーチャルYouTuber研究からはじめたので、SF研究からはじめたといってもちょっと過言。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jul 2
SFスタディーズ:コンパニオン・ハンドブックリスト - Lichtung SFスタディーズに関するコンパニオンとハンドブックの小さなリストです。SFを研究したいひとのご参考になれば。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Jul 1
Oxford Handbook of Science Fiction これこそ求めていたものという感じ。OUP is Sugoi.
Reply Retweet Like