Twitter | Search | |
ナンバユウキ
分析美学と批評|虚構と現実の関係、バーチャルYouTuberを美的/倫理的に研究・批評しています|批評 :|研究ノート:|執筆:『ユリイカ』VTuber特集、『硝煙画報』|ご依頼は、deinotaton@gmail.com まで
1,706
Tweets
101
Following
751
Followers
Tweets
ナンバユウキ 3h
以上
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 3h
献本についてみなさんに伝えたいこと:美学、芸術学、ポピュラー文化関連の著作は送って頂ければ無限に読んで感想書くのでナンバに送ってください。送り先は deinotaton@gmail.com でお尋ねください。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 5h
草野原々によるインド哲学を経由してキャラクタの存在論をモチーフとする小説たのしみだ
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
草野原々/GenGen Kusano 6h
飛び入りゲスト、いったい誰なんだろう…………
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 6h
柴田勝家先生がバーチャル世界に登場!飛び入りゲストも……!? より バーチャルYouTuber研究者なので柴田勝家先生(バーチャル)を眺めてにこにこしている。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 7h
月ノ美兎の画像、研究資料として使うかもしれないので集めており、せっかくなのでいい笑顔を使いたいとスクショ狙うのだが変顔しか撮れない。負けそう。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 8h
もちもち読んでいるのだが、『大進化どうぶつデスゲーム』の表紙絵の空上ミカを見るたびに本渡楓さんがCVしそうだなと思う。なぜか
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 14h
下手さは価値を照らす|ナンバユウキ|note 哲学エッセイです。お休み時間にどうぞ。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 14h
歳をとるごと、世界とひとびとが価値で満ちていくのはなぜだろうと思っていたのだけど、いま、書いていてすこしわかった気がする。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 14h
だから、ラテン語でも、おしめの変え方でも、ギターでも、登山でも、チョコづくりでも、わたしが失敗するほど、この世界とひとびとに隠れていた価値がいくつもその姿をあらわす。下手さの効用は、価値を見出すことができる力をえられること、とわたしは考える。苦手が多いほど、価値への感度が高まる。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ 14h
いろんなことに挑戦すると、いろんなものの達成の難しさを知るようになるのがわたしはすき。達成の難しさと結びつく価値をしる。そして、達成する力を持ついろんなひとの価値をよりくわしく理解できるようになるのもすき。実在のほどはさておき、世界にあらたな価値を見出せるようになるのはすてきだ。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Apr 23
勉強会、理論面から参加したい。「アニメーション」とはどのような芸術形式なのか、フォーマリスティックに分析したい。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
DIESKE Apr 23
Replying to @diecoo1025
個人作家のアニメーションをリアルタイムで体系的に語るひとがほとんどいない現況も(実践しているのは土居伸彰さんくらい)、のぞましい状況ではなかろうとおもうで、いまどんな実験的な個人作家がいて、どんな方法で芸術しているのかを、なんらかのかたちで紹介していきたい気分もある。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
DIESKE Apr 23
Replying to @diecoo1025
それはとりもなおさず「アニメーション」とはどのような芸術なのかフォーマリスティックに考えるということでもある。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
DIESKE Apr 23
Replying to @diecoo1025
「実験アニメーション」=フィッシンガー、ライ、マクラレン、すなわち前世紀の動向という印象が蔓延しているとおもわれるのですが、どうしてそのような事態になっているのかを考えながら、ではアニメーションにおける「実験」はいまどうなっているのか、みたいな話がしたい(もしくは仕事ください)。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
DIESKE Apr 23
告知できるのはとうぶん先になるとおもわれますが、「実験アニメーション experimental animation」にかんするとある執筆をおこないまして、そこでの思索をなんらかのかたちでアウトプットしていきたい気分でおりますので、もしも勉強会などの企画があれば、ぜひお誘いいただけますとさいわいです。
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Apr 23
「ブリコラージュが過ぎる」「かたちミスってるから斜めから見ることしかできんやん。ジジェクか?」などとのお声を頂いたが負けずに完成
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Apr 23
映像も研究している院生なので、授業でカメラ・オブスクラをつくった。賛否両論あるが、かわいくできた。イモーショナル・デザイン
Reply Retweet Like
ナンバユウキ retweeted
たくみ Apr 23
ウェブ版美術手帖に大岩雄典個展「スローアクター」の展評が掲載されました。展示を見ると疲れるという話から、鑑賞における量の問題への大岩の特異なアプローチについて、その政治的・制度論的な射程と限界について書きました。見てても見ていなくても面白いと思うのでぜひ!
Reply Retweet Like
ナンバユウキ Apr 23
原稿の糸口が見つかりばりばり書いた。エクセレント
Reply Retweet Like