Twitter | Search | |
カラサワ
シリアからのSNS発信の一例。当然分析は前提の上でだが「7歳の少女までが世界に発信できる時代に、政府勧告に逆らってまでシリアに入る“ジャーナリスト”が伝え得ることは何か?」は改めて問い直されるべきと思う。軍事のプロとかならともかく。
依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。彼女の名は、Bana Alabed。その悲痛な叫びからは、死の恐怖がひしひしと伝わってきます。ここでは、いくつかのツイートの中から動画を中心に紹介。空爆の音に肩をすくめる様子を見て、無力感を感じずにはいられません。「ここがウチのお庭。昔はよくここで遊んだの。空爆のせ
TABI LABO【公式】 TABI LABO【公式】 @tabilabo_news
Reply Retweet Like More