Twitter | Search | |
Atsushi
今年4月から支援学校→総合高校の教員になった数学好き。数学教育について考えることが多いです。 iPhoneと本とスポーツ(サッカー、フットサル、テニス)と美味しい食べ物とビールと旅行とあといろんなことが好きなようです。
5,319
Tweets
122
Following
334
Followers
Tweets
Atsushi 3h
ブログ書き書き!/ 細かな着想の死蔵を防ぐための、「操作」とアーカイブ - iPhoneと本と数学となんやかんやと B!
Reply Retweet Like
Atsushi Oct 19
ブログ書き書き!/ Scrapboxは、情報カードを束ごとに保管し、持ち運ぶケース的なイメージで - iPhoneと本と数学となんやかんやと B!
Reply Retweet Like
Atsushi Sep 27
[MM読了] ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ ★★★★★ オーディオブックで1回目聞いて、紙の本で2回目、今回のKindleで3回目になる。3分間という時間でも、コミ…
Reply Retweet Like
Atsushi Sep 14
ブログ書き書き!/ ノートがあたえてくれるもの、カードがさずけてくれるもの - iPhoneと本と数学となんやかんやと B!
Reply Retweet Like
Atsushi Sep 8
ブログ書き書き!/ 「たすくま」のチェックリスト活用法3選 - iPhoneと本と数学となんやかんやと B!
Reply Retweet Like
Atsushi Sep 8
[MM読了] ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則 ★★★☆☆ ストレスフリーの整理術がGTDの手法を解説する本に対して、本書はGTDはどんなことをもたらすのかってのを伝える、啓発的な…
Reply Retweet Like
Atsushi retweeted
taku-web.com(FA電工) Sep 4
デスクまわりの物の置き方。 「ちょっと腰を浮かせて取る」のをやめて「座ったまま取れる」に変える。 ペン等の定位置として液晶モニタの下のデッドスペースを活用。 デスク脇にシュレッダー行き紙置場。 靴はクロックスのようにきつくないもの。 かなり参考になりました
Reply Retweet Like
Atsushi retweeted
taku-web.com(FA電工) Sep 4
頭をスッキリさせるために「書き出す」のと、将来の自分や他の人に向けて「書き残す」のと、同じ「書く」でも全然違う。 なるほど!スッキリ。 読み手の頭がスッキリするのは「書き残す」のほうなのかもしれないな。
Reply Retweet Like
Atsushi Sep 2
[MM読了] 子育てコーチングの教科書 ★★★★☆ 毎日、少しずつ読了。子育てコーチングの教科書とあるけど、教科書っぽさはなく、読みやすい。著者のコーチングと子育ての経験からくる言葉がつまってて、子育てに限らず…
Reply Retweet Like
Atsushi Aug 16
ブログ書き書き!/ 「細かなメモ」を書き、活かすために - iPhoneと本と数学となんやかんやと B!
Reply Retweet Like
Atsushi Aug 8
[MM読了] 目からウロコのコーチング なぜ、あの人には部下がついてくるのか? PHP文庫 ★★★★★ コーチングの本何冊か読んできたけど、また新たな気づき、学びがたくさんあった。個々人をサポートするって視点で…
Reply Retweet Like
Atsushi retweeted
pmastyle Aug 8
『[読書] かーそる7月号 』pmastyle|
Reply Retweet Like
Atsushi Aug 8
Reply Retweet Like
Atsushi retweeted
あき Aug 8
2017年7月号 読了。 感想→おいおいこんな楽しいのが1発目で大丈夫かよ→インタビューが一番面白いのでは?→「執筆の現象学」のアウトプットを「(書き手を含めた)系」として捉える試みに脳が高揚→「ひびきあい」の真摯なやりとりにグッとくる→やっぱ「かーそる」面白い
Reply Retweet Like
Atsushi retweeted
るう@おいしいワイン Aug 4
楽しんでるツイート、ありがとうございました! ▼かーそるの感想 2017年7月号|うさぼうの人生ダッシュボード化計画
Reply Retweet Like
Atsushi retweeted
るう@おいしいワイン Aug 4
2017年夏号の読書案内に片岡義男さんの『万年筆インク紙』を寄稿しました。
Reply Retweet Like
Atsushi retweeted
うさぼう Aug 3
ぼくは(Goさんの文章を読んだあと一人称をひらがなにしたくなることってありませんか?)、学校教育を少しおろそかにして塾を含めた受験システムで育ってきました。そして企業で様々な技術を身につけてきました。そんなぼくだから書ける感想を書きたいなと思いました
Reply Retweet Like
Atsushi retweeted
うさぼう Aug 3
執筆の現象学。なぜ文章を書くのか。なぜ執筆に惹かれるのか。執筆がもたらす恐怖、執筆の闇に着目した視点がぐぐっと広がる作品です。仕入れて売るだけの流通業ではなく、製造して売る製造業でもなく、ビジネスモデルやその存在すら変えていく力を秘めている執筆。しおりはさんでおきたい
Reply Retweet Like
Atsushi retweeted
Tak. Aug 1
読書案内に「サウンド&レコーディング・マガジン」が出てくる不思議さに好奇心の強いあなたは耐えられるか
Reply Retweet Like
Atsushi retweeted
倉下 忠憲 Aug 3
「かーそる 2017年7月号」の記事紹介その1です。まずは特集企画の前半から。やはりイチオシはあの記事ですね→ 記事紹介その1:「書く道具と書く動機 前半」 – Project:かーそる
Reply Retweet Like