Twitter | Search | |
チェリーアベニュー動物病院
東京都府中市の動物病院です。院長の北村和泉の専門は歯科口腔外科です。診療・トリミング・ペットホテルを行っております。
6,578
Tweets
16
Following
246
Followers
Tweets
チェリーアベニュー動物病院 23h
~おしらせ~ 本日より暫くの間、診察ががお休みとなります。 再開の目処が経ちましたらまたご報告いたします。 お薬やフードのお買い求めやトリミングは通常通りと行います。 ご迷惑おかけ致しますが、よろしくお願いします。
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
猫には猫特有の歯の病気があります。口内炎、犬歯の突出、歯槽骨の変形などです。 詳しくは当院のホームページでご確認ください。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
歯はエナメル質、象牙質、歯髄からできています。エナメル質はハイドロキシアパタイトという非常に硬い無機質ですが何らかの原因で破損してしまうと象牙質にある象牙細管という管を通って細菌が歯髄に侵入し、歯髄の先端部に病変を形成します。これが根尖周囲病変です。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
乳歯遺残症、小型犬に多くみられます。放置していると咬合不全になり時に下顎の犬歯が上顎にささり穴が開いてしまうこともあります。生後8か月くらいまでに残存している乳歯の抜歯を行えば矯正をしなくても自然と永久歯が本来の位置にもどります。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
若い犬や猫でも少なくとの年に1回は健康診断をうけましょう。病気を発症していなくても将来病気になる可能性をみつけることができます。生活習慣の改善や食事のアドバイスをすることができます。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
2月21日金曜日の診察は午後からとなります。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
同様の理由でフィラリアの予防も通年予防が主流になってきています。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
都市部では下水道など冬でも比較的暖かい環境があるため、ノミやダニは真冬でも活動します。ノミダニの予防は年間を通して行ってください。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
夏から秋、そして冬へと季節が変化してゆくのに伴い、柴犬などの日本犬では大量に被毛がぬけかわります。皮膚病や消化器疾患が多くなる時期です。毎日ブラッシングしながら便の状態などもよく観察してください。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
猫は免疫学的に特殊な動物で、乳歯の時から歯肉炎を起こすことがあります。生後1歳で歯周疾患の手術をすることもあります。なるべく早い時期からブラッシングをはじめ、歯と歯肉の状態を観察してください。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
歯の病気の予防に歯磨きが大切なのは人も動物もおなじです。ブラシは毛の部分が細くて柔らかいものを選んでください。一日2回はブラッシングしましょう。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
近年比較的若い猫(4-5歳)の腎不全を多く診断します。猫の1年は人間の4-5年に相当します。年に1-2回、血液検査などの健康診断を受けてみてはどうでしょう。早期発見は良い治療につながります。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 19
2018年11月より金曜日も診察します。休診日は火曜日のみとなります。金曜日は午後から診察のこともありますのでホームページ、ツイッター等で確認してください。火曜日は、トリミング、ホテル、投薬、フードなどは通常どうり扱っています。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 18
猫には猫特有の歯の病気があります。口内炎、犬歯の突出、歯槽骨の変形などです。 詳しくは当院のホームページでご確認ください。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 18
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 18
歯はエナメル質、象牙質、歯髄からできています。エナメル質はハイドロキシアパタイトという非常に硬い無機質ですが何らかの原因で破損してしまうと象牙質にある象牙細管という管を通って細菌が歯髄に侵入し、歯髄の先端部に病変を形成します。これが根尖周囲病変です。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 18
乳歯遺残症、小型犬に多くみられます。放置していると咬合不全になり時に下顎の犬歯が上顎にささり穴が開いてしまうこともあります。生後8か月くらいまでに残存している乳歯の抜歯を行えば矯正をしなくても自然と永久歯が本来の位置にもどります。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 18
2月21日金曜日の診察は午後からとなります。    
Reply Retweet Like
チェリーアベニュー動物病院 Feb 18
若い犬や猫でも少なくとの年に1回は健康診断をうけましょう。病気を発症していなくても将来病気になる可能性をみつけることができます。生活習慣の改善や食事のアドバイスをすることができます。    
Reply Retweet Like