Twitter | Search | |
茶露
大和人。和風や歴史好き。妖怪や歴史創作に漫画やイラスト描いてます。漫画→ 問い合わせはDMへ 同人誌→ booth pixiv→
206,911
Tweets
1,134
Following
1,992
Followers
Tweets
茶露 4h
仕事中チャージマン研思い出してなんか楽しくなった
Reply Retweet Like
茶露 8h
エルキドゥにもできるのでは
Reply Retweet Like
茶露 8h
宝物庫からポッキー出してくるギルガメの画像好きだった
Reply Retweet Like
茶露 8h
昨日描いてたメモたち
Reply Retweet Like
茶露 9h
それなのに充電器忘れたのでゴミです
Reply Retweet Like
茶露 9h
やはり電池の減りが早い気がする
Reply Retweet Like
茶露 retweeted
ガナドウ Nov 10
エヴァンゲリオンの取扱説明書
Reply Retweet Like
茶露 retweeted
ドゥンもどき@カニパンか絵師の腕か Oct 29
ところで最近はお父さんお母さんの仕事帰りにCD等受け取りを頼むお子さんが多いですが、疎いジャンルの名前は覚えられない人もいます どうにか娘さんとの会話を思い出して商品名を答えようとしたお父さんの 『やっちまえ日産』 には腹筋を殺られかけました。正解は『どついたれ本舗です』
Reply Retweet Like
茶露 9h
また充電器わすれた!!!!畜生!!!!
Reply Retweet Like
茶露 retweeted
ぽん吉🌸 21h
生徒向けにホワイトボードに描いた中世の甲冑と武者鎧の部位名称まとめ。 どんな絵でも描く題材を調べ、新しい発見を積み重ね、基礎となる知識を深め、そこで発見した事が こだわりになり取捨選択やデザインの幅も一気に広がりますので描く絵の題材をどんどん調べて基礎の知識を深めていきましょう。
Reply Retweet Like
茶露 9h
Replying to @chaloillust
後輩ちゃん地下に行けたかなと思いながら帰り道 近所の長屋で猫がたむろしてたので突っ込んでよちちしてたら人だかりができてたので自撮りついでに周りを写すと 太陽がエクスカリバー(Fate)だった 人だかりにモーさんがいた
Reply Retweet Like
茶露 9h
今日の夢は 大学の体育館のところに逃げ込んだら洪水が押し寄せてきて、 上に逃げてたけど下に脱出口があるのでそちらに向かうことに 後輩に下だとメッセ飛ばしてエレベーターで下るも間違えて1階押してしまってて(正しくは地下に行くべき)ドア開いたら濁流に飲まれて流されるけどなんとか辿り着く
Reply Retweet Like
茶露 retweeted
襲色目bot Oct 25
再興装束にも大正大礼にも、いわゆる女官長用(典侍・勅任官用)の装束が存在しています。1枚目は近代女房装束抄(18C頃?)などからの再現、2枚目は19C頃(トーハク所蔵品参考)、3枚目は大正大礼、そして4枚目が今回です。大正時はエラく派手で圧を感じますなw
Reply Retweet Like
茶露 retweeted
SIZMA Nov 8
ハーイ、ジョージィ……する為だけに優鬼しにきた人いて手叩いて笑っちゃった ずるいよこんなの
Reply Retweet Like
茶露 10h
今日の夢は猫と洪水だった
Reply Retweet Like
茶露 retweeted
岩波書店promotion 10/4『岩波文庫的 月の満ち欠け』発売 Nov 7
美術ライター・永青文庫副館長の橋本麻里さんが日本の工芸や祭事といったコト・モノを手掛かりに、装飾/かざりの力と意味に鋭く迫る新連載「かざる日本」が『図書』11 月号からスタートしました。連載第1回「はじまりの紐」は、上野池之端にある道明(どうみょう)の組紐がテーマ。皆様お見逃しなく!
Reply Retweet Like
茶露 retweeted
歴史が好き🍀 24h
詳報です✨ 古典・古文書の難読「くずし字」、AIが瞬時に解読…精度90%も(読売新聞オンライン)
Reply Retweet Like
茶露 20h
電池バカバカ減るのに1パーセントはしぶといな
Reply Retweet Like
茶露 20h
みんなからの匿名質問を募集中! こんな質問に答えてるよ ● 自分の家から一番近い城は?… ● 石田三成って北政所とは親密だっ… ● 毒舌と悪口と陰口はどこが違う?… ● なぜ鎌足は期待の長男を出家させ…
Reply Retweet Like
茶露 20h
仕事中ほぼ触ってないのになぁ… バックも消してるのになぁ
Reply Retweet Like