Twitter | Search | |
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/
とも鍼灸院院長/ともフィジカルスクール/アスレティックトレーナー/鍼灸師/フウガドールすみだフィジカルコーチ/クロスフィッター/治療不要論
731
Tweets
382
Following
1,364
Followers
Tweets
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ 42m
高校サッカー部 怪我組トレーニング ロープトレーニング走らなくても心肺と筋持久力に負荷かけられます! [今日のメニュー] 30秒オン/30秒オフ ×8セット (運動と休憩を1:1の割合) そして辛すぎておかしくなります。 ※雑音に注意!!
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ 2h
大森 知の質問箱です 最近回答した質問 → 「体の動き(骨や筋肉)について勉強するにはどんな本を読ん...」
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ 5h
トレーニングセミナーで使った資料 PTR:パワートレーニング 動作トレーニング:アジリティーやムーブメント ⬆︎上のパワー発揮を上げるためにビッグ3(スクワット、デッドリフト、ベンチプレス)がある。 なぜビッグ3か? 一種目で全身鍛えられるから効率的 安全、時短、高強度のトレーニング
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ 8h
急募 いつもお世話になってるデイサービスで看護師を探しています! スタッフも利用者様も明るくめちゃくちゃ楽しい職場です!! 最寄り駅:清澄白河(徒歩5分) 時給:1700〜1800円 時間:9時〜16時半/9時〜12時の2交代 週2〜3の勤務を希望しますが、細かいところは応相談 興味ある方はDM下さい!
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ 19h
【ターンの解剖学】 内側の脚でブレーキ 外側の脚で加速 さて、こんなトレーニングを月一回開催しています。 次回開催 5/11(土) 19:00〜20:15 ⬇︎詳しくはこちら⬇︎
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ 19h
Replying to @kotaro98778417
コメントありがとうございます! まずは20㎏シャフトでフォーム確認しながらやることをお勧めします! 見た目以上にキツイので負荷調整は慎重に行ってください。
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 24
Replying to @at_omori
スラスターは高負荷トレーニングになりやすいので強化期間中にやるのがオススメ! ⬇︎シーズン中で試合期に入れる場合 ① 1回×5〜8セット 負荷:スラスターの最大挙上の90〜95% レスト2〜3分 ② 3回×3〜6セット 負荷:スラスターの最大挙上の35〜60% ※立ち上がりスピードが落ちない程度 レスト2〜3分
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 24
Replying to @yamasho0327
山城さん いつもコメントありがとうございます! 多分スラスターはクロスフィット用語なんだと思います。 ちょいちょい一般的な用語と異なった表現するのですが、使いやすいので個人的にはクロスフィット用語好きですね!
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 24
スラスターの解剖学 その④】 脚から腕まで完全に伸びきると使う力は最小限になる それは重力に対して垂直に保てるから ここで少しでも前や後ろに体重がかかっているとそれを支えようと不必要な力がはいる これが「りきみ」 立った後、静止する感覚を得ようとする事でバランストレーニングにもなる
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 24
【スラスターの解剖学 その③】 膝と股関節の力が合わさり上への力がMAXになる(赤) ここまでは肩は使わない。 下半身の力がうまくバーベルに伝わると自然と肩からバーベルが離れようとする。 まさにこの瞬間が肩を使うタイミング(青) 下半身の力をスムーズに上へと連動させていく。
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 24
【スラスターの解剖学 その②】 股関節と膝関節を同時に伸ばす! このタイミングがバチっと合うと力が合わさりバーベルを上えと力強く押し上げてくれる 膝が早いと上半身が前に倒れバーベルは前へ落ちる 股関節が早いとバーベルが上がらないか体が仰け反る 続く
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 24
【スラスターの解剖学】 スラスターではバーベルを担ぐ位置が前 バックスクワットは後ろ 通常スクワットはスネと背中が[斜めに並行(青)]で行うが、スラスターは背中は立たせます。 この時に腰が丸くならない様に注意! ポイントはみぞおちを持ち上げ体幹でバーベルを押し上げ続けること。
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 24
【スラスター重要説】 アスリートならダッシュやジャンプ力を上げたいでしょう! そこでスラスター! 1番深いポジションから1番高いポジションまで一気に加速しバーベルを押し上げる! クソきつい けど クソ重要 ちなみにスラスターは [フロントスクワット+プッシュプレス] です!
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 22
脚をスイッチするタイミングが1番エラーの起きやすいところ。 このトレーニングはダッシュやジャンプ、切り返しなどのパワー発揮トレーニングの前に行うと股関節に力が溜まりやすくなります! ポイント お尻が横にブレないように 常に相手に力を加え続けられる所に脚を置く
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 22
左側の股関節を後ろに引く動作で身体が回る。 右を回すのではなく 左を引く 左を引く(急ブレーキする)ことで左側が止まり、結果右側が回ってくる。 ここでポイントになるのが 左足をどこに足を置くか。 左足の置き方いいと自動ブレーキ装置が動き出す。 左脚は遠くへ!
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 21
初めましての人どうしでもピッチで起きてる現象を同一目線で見れるすごさ! しかもそれが技術、経験、一切関係なしというところが凄すぎる!
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 20
大阪でのイベントが決定 【ペットボトル理論】を広めていきます! どのトレーニングにも、どのムーブメントにも共通している最重要概念として「ペットボトル理論」があります いつも足裏やふくらはぎがつる人、いつもモモ前が硬くなる人 無駄のないスムーズな動き作りをしたい人 是非ご参加下さい
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 20
ATとスポーツファーマシストの方との連携は本当に必要! 他業種の方との繋がり持ちたいですね!! その様なお考えの方、一度集合しませんか?!
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 17
【スナッチ祭り】 5回パワースナッチ 7回ラテラルバーピージャンプ 5回ハングスクワットスナッチ 7回ラテラルバーピージャンプ 1スナッチ+5回オーバーヘッドSQ 7回ラテラルバーピージャンプ ×5ラウンド
Reply Retweet Like
大森 知/AT/鍼灸/フィジカル弱者を救い隊!/ Apr 17
足底荷重のスクワットが出来るようになったら次は前足部荷重のスクワットへ! このスクワットは加速局面でのパワーポジションになります。 ポイント つま先だけど、つま先の真ん中へ荷重すること!
Reply Retweet Like