Twitter | Search | |
朝井リョウ
本日4/16付の読売新聞に『出会いなおし』(森絵都著)の書評を書きました。本屋大賞第2位の大長編『みかづき』の次作は、人生を点ではなく線で捉えることの豊かさを教えてくれる短編集。切り捨てるのではなく、出会いなおす。大好きな一冊です。
年をとることは、同じ相手と出会いなおすことだ 出会い、別れ、再会し、また別れ――。人は会うたびに知らない顔を見せ、立体的になる。人生の大切な場面が詰まった六つの物語。
本の話@文藝春秋BOOKS 本の話@文藝春秋BOOKS @hon_web
Reply Retweet Like More