朝日新聞東京編集局(コブク郎) May 3
(社説) と日米地位協定 理念の「穴」を埋める時 『 には何の関係もない。祝賀ムードを利用して改憲機運をあおるのは厳に慎むべきだ。憲法は国の骨格であり、それを改める議論は、主権者である国民が主導し、幅広い理解を得ながら進めねばならない』