Twitter | Search | |
Shoko Egawa
陸山会事件で、石川氏の弁護人が提出しようとした証拠を軒並み却下した東京高裁(飯田喜信裁判長)は、事実の解明には全く関心がないらしい。主任弁護人の安田好弘弁護士は「司法の自殺」と。そんな裁判のあり方についてなんら批判の目を向けないのは、ジャーナリズムの自殺、ではないのか
Reply Retweet Like More
ダンディ 13 Mar 13
Replying to @amneris84
法治主義<国会(立法府)は国会の最高機関=国民主権  すなわち、司法官僚(裁判官)による明確な国民主権への背信、挑戦の訴訟指揮、判決 > : 安田好弘弁護士は「司法の自殺」と。そんな裁判のあり方についてなんら批判の目を向けないのは、ジャーナリズムの自殺…
Reply Retweet Like
気弱な地上げ屋 13 Mar 13
Replying to @amneris84
センセ! 昨日の・・陸山会判決受けての記者会見。 鋭い質問放ってましたね。 ただ惜しむべくは・・宗男センセが、あの質問に答えられるわけはなく・・「石川さん・・アナタも鈴木代表と同じお考えですか?」 こう尋ねてみて欲しかったです・・。
Reply Retweet Like
Shoko Egawa 13 Mar 13
Replying to @betsu_gao
光市事件の報道によって、弁護士とはどういうモノか、誤解した一般市民も少なくないでせう RT この方の光市の弁護を通じて、弁護士とはどういうモノか、よく理解した一般民は少なくないと思う。
Reply Retweet Like
Harkonnen男爵 13 Mar 13
Replying to @amneris84 @betsu_gao
安田さんは正しいよ。弁護士の仕事は、犯人の罪を軽くする事。正義感溢れる弁護士に、無実の罪の被告人ばかり、なんて人は、朝ドラを見てろ。安田さんの場合は、できるだけ多くの 凶悪犯を死刑にさせない事。その事件の凶悪性は無関心だと思いますよ
Reply Retweet Like
Harkonnen男爵 13 Mar 13
弁護士に事件解明を目的に裁判しろというのは、ウナギ屋に来て、マグロ丼がないと騒いでいるクレーマー
Reply Retweet Like
奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語 13 Mar 13
Replying to @amneris84 @betsu_gao
誤解ということは正解というものがありそうですが、具体的にどのようなものなのでしょうか?
Reply Retweet Like
do_our_best 14 Mar 13
Replying to @amneris84 @betsu_gao
弁護士全体というよりは『死刑反対派弁護士』に対しての視線がかなり厳しくなったのではないでしょうか
Reply Retweet Like
omata open 14 Mar 13
Replying to @amneris84
遠隔操作事件と無関係の19歳の少年が「自白」させられた件でも朝日は大した追求記事を書いてなかった感じだったし!とっくに死んでる感じ!RT 陸山会事件で、石川氏の弁護人が提出しようとした証拠を軒並み却下した東京高裁(飯田喜信裁判長)は、事実の解明には全く関心…
Reply Retweet Like
片岡 進 14 Mar 13
Replying to @amneris84
全く!この裁判は結論ありきで、真実は自分だ?こんな裁判所は要らない!  酷すぎる!
Reply Retweet Like
アイミー 14 Mar 13
Replying to @amneris84 @betsu_gao
誤解について私も知りたい
Reply Retweet Like
元同人文字屋 14 Mar 13
Replying to @amneris84
ヒラメ裁判官は最高裁事務総局しか見てませんからね。「小沢一郎さえ失脚させたら後はどうでもいい」んだけど、今さら石川議員らに逆転無罪判決出したら検察も東京地裁もただじゃすまないから怖いんでしょ。その程度の人間が裁判官やってるのが日本です
Reply Retweet Like
チャレンジダンジョン 14 Mar 13
Replying to @amneris84
つくづく、日本には民主主義もジャーナリズムも根付いていないんだな… QT : 陸山会事件で、石川氏の弁護人が提出しようとした証拠を軒並み却下した東京高裁(飯田喜信裁判長)は、事実の解明には全く関心がな(cont)
Reply Retweet Like
lily 14 Mar 13
Replying to @amneris84
: 陸山会事件で、石川氏の弁護人が提出しようとした証拠を軒並み却下した東京高裁(飯田喜信裁判長)は、事実の解明には全く関心がないらしい。主任弁護人の安田好弘弁護士は「司法の自殺」と。そんな裁判のあり方についてなんら批判の目を向けないのは、ジャーナリズムの自殺
Reply Retweet Like
yoshiharukawabata 16 Mar 13
Replying to @amneris84 @betsu_gao
BPOの放送倫理検証委員会の光市差し戻し控訴審報道についての意見書を読んで欲しい。
Reply Retweet Like
瀬戸内海アマ(私は岸井成格を許さない) 16 Mar 13
Replying to @amneris84
@radioleaks4u この案件については、上告理由にあたらないとして最高裁でもロクに審議されず棄却かも・・・ となれば事実上一審制。
Reply Retweet Like