Twitter | Search | |
堀江昭佳 /漢方薬剤師
「血流がすべて解決する」 シリーズ30万部突破の著者。 出雲大社参道で 90 年以上続く老舗漢方薬局の 4 代目。 婦人科が専門。不妊症/血流/漢方/風水薬膳/性科学/ヨガ/LGBT/体と心の心理学
783
Tweets
67
Following
3,745
Followers
Tweets
堀江昭佳 /漢方薬剤師 5h
ひとそれぞれ同じタイミングで同じようにほめないから 言われた言葉を自分の尺度だけで捉えなくていい。 そのひとにとっての言葉が どのくらいなのかは そのひとのことを理解することで 何倍にも大きく受け取れる。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 10h
夏に大切な味は苦味。 暑さによる体の負担をやわらげます。 薬膳ではニガウリなんてぴったり。 沖縄の郷土料理でゴーヤチャンプルーがあるのは、 自然と体のバランスを摂るための知恵なんでしょうね。 ただし、 冷え症のひとは食べ過ぎには気をつけてくださいね。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 13h
「好きなことをしていい」 と 「好きなことをしないといけない」 というのは全く違う。 そして、好きなことを仕事にするための技術についても言及してあるすばらしい記事だと思う。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 21
8月8日が立秋で その前の18日間を土用という。 土用の丑の日の土用のこと 土というのは陰陽五行や漢方では胃腸を意味する 季節の移り変わり目に弱りやすい胃腸を整えなさい 次の季節への準備をしなさいという時期。 とは言っても、きっとこれからが暑さのピークなんだけど
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 21
昨日から夏の土用の入り。 土用というのは、胃腸から体を整えることを意識する時期。 そして、夏の土用は気の流れが変わりだす節目でもある。 自分を見つめ直すにもいい時期です。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 19
季節を体に取り入れる一番手っ取り早い方法は、 和食屋さんの「今日のおすすめ」 確実に旬の食材が載っている。 そして、美味しく 体の中に季節を取り込むからダイレクトに効く。 あー、鮎が食べたい。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 19
病気や不調を治すとき「信じる」って大事 治ること、良くなることがどうしても信じれないときは 自分に治る力がある 良くなる可能性を持っている ということを信じるだけでもいい。 不妊治療も同じ 「赤ちゃんを授かる力を持っている」 と自分を信じる 心の力は偉大
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 18
わかりやすい〜!^^
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 18
夏に22度だと涼しく感じるのに 冬に22度だと暖かく感じるように 季節の変化にあわえて人間は体を変化させてる。 いっつもエアコンの中にいると 自然のリズムに合わせれないから体調が狂ってくる。 あたりまえだけど 暑いときに暑いって大事。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 18
「たんぱく加水分解物」って食品衛生法上は添加物じゃないから 入ってても「無添加」 なんか不思議。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 18
Replying to @akiyoshihorie
もともと東洋医学って自然と人間を調和させて 健康はもちろん、運気もよくしようということだから Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. って、とてもよくわかる考え方。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 18
WHO(世界保健機関)の健康の定義は 『健康とは病気ではないとか弱っていないということではなく、肉体的にも精神的にも社会的にも、すべてが満たされた状態にあること』 なのだけど1988年の時点で、ここにspiritualを加えようとして大紛糾したって、めちゃくちゃ超先進的だと思う
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 18
東洋医学の根底にあるのは四季の移り変わりで変化する環境にあわせて 人間そのものを調整していくこと。 自然のリズムと人間のリズムを調和させること。 四季の変化もよくわからなくなったら 心も体も調子が悪くなるのは当然といえば当然。 昼夜の長さや気温や湿気の変化に 敏感でいたい。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 18
今週末には季節の変わり目である「土用」がやってきます うなぎを食べる時には、 ぜひ、おなかをしっかりとすかせて 空腹を感じて食べてください。 空腹でおなかの掃除ができて うなぎの栄養をしっかりと吸収できます 土用は胃腸の掃除をして栄養を補うのがポイントです
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 17
新しいことがわかる時って たくさんの経験や気づきがあって 勉強したこと 学んだことの蓄積があって バラバラに点と点で存在していたのが バーっと一気に結びついて 新しいことが浮かび上がる。 そんな気がする
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 16
漢方を使う 西洋医学の薬を使わない ではなくて、 自分を治すために 自分の治癒力を高めるために どの方法や組み合わせが有効か 自分にとって心地よい治し方か を考えて選択することが大事。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 15
不安になりやすくて 怖がりで 心配性で 悪いことを想像しやすい という性質は危険を避けるための進化の結果だから、ある意味ネガティブは才能。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 13
精子にあるイズモタンパク質が、卵子にあるジュノー受容体にくっつくと受精が起こる。 ジュノーというのはギリシャ神話で 結婚・出産をつかさどり結婚生活を守護する女神。 イズモはその名の通り縁結び出雲大社に由来する 受精に関わる仕組みに こういう神さまの名前がついてるのってなんかいい。
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 13
漢方では 体にたまった不要な湿気は 痰湿(たんしつ)=体内ヘドロ になると考える そして、この体内ヘドロは万病のもと 梅雨から夏にかけて 体に余分な湿気をためないことは とても大切
Reply Retweet Like
堀江昭佳 /漢方薬剤師 Jul 13
梅雨〜夏にかけて、体の不調を作ってしまう「湿気」 体内の湿気を取るのが、日本の夏を健康に過ごすために欠かせない! たった3つのツボ押しで、体の湿気とむくみを取ろう
Reply Retweet Like