Twitter | Search | |
秋満吉彦
主に名著をナビゲートする教養番組プロデューサー。著書に「仕事と人生に活かす『名著力』」(生産性出版)、「『100分de名著』名作セレクション」(文藝春秋)。小説「狩野永徳の罠」で第三回立川文学賞大賞受賞(けやき出版)。本好きな人に役立つ情報発信ができたらと。執筆や講演の依頼はダイレクトメッセージで気軽にお送りください。
5,689
Tweets
358
Following
1,143
Followers
Tweets
秋満吉彦 10h
平日の14:00と参加は難しいけど、この中島岳志さんのトークイベントは行ってみたいな。今を考えるヒントに溢れてる感じがする。ら
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jul 10
高太郎さんのかまたま。うますぎる。これは日本のカルボナーラだ!
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jul 10
くまざわ書店さん、今回もテキストをフィーチャーしてくれてる。ありがたや。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jul 10
日経おとなのoff、名著にホーキングの本を選んでるのがよいなあ!
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jul 9
Replying to @akiman55
ちなみに司会は私が担当します。身内ぼめになって恐縮ですが、先日打ち合わせをしてきて、古典が苦手な私自身ですら、心底刺激的なお話で、心ゆさぶられております。一人でも多くの方がきていただけるとうれしいです。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jul 9
【拡散希望】7月28日17時のNHK文化センター「東海道中膝栗毛」まだ席に余裕があるそう。100分de名著でおなじみ釈徹宗さんが「人間にとって宗教性とは」「旅の本質とは」といった哲学的なテーマで読み解きます。一回のみの申し込み可です。対談相手のほぼ日の学校長・河野通和さんも魅力的ですよ。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jul 2
場所によっては「河合隼雄スペシャル」のテキスト手に入りにくくなっているかもしれません。増刷されてますので、供給体制が整ってくるかと思います。お待たせしている方申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 30
今回の河合隼雄スペシャルも書店さんが強力にサポートしてくれてます。嬉しいです。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 28
松陰神社近くの鶴水さん。最強ののどぐろでした! 脂ののり具合がハンパない。ほろほろほどけるような食感が絶品。合わせたのはフジマルの北天の雫。リースリングに行者の水という山葡萄をかけ合わせた品種で酸と厚みのバランスが絶妙。茨城産の葡萄だそうですが、知らなかったなあ。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 27
今回の文化センターの名著講座むちゃ豪華です。釈徹宗さん、若松英輔さん、中条省平さん。そして対談相手は「ほぼ日の学校」学校長河野通和さん。私は司会で参加しますが、もしそうでなくても全回聴講しちゃうな(笑)。打ち合わせも順調でとんでもなく面白くなりそうな予感。皆さまもぜひ!
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 24
今月号の文藝春秋の巻頭エッセイに、フランス文学者の中条省平さんが100分de名著・カミュ「ペスト」の企画成立背景について書いてくださっている。恥ずかしいやら嬉しいやら。本日最終回です。ゲストに内田樹さんも登場します。2人の愛溢れるカミュ論をぜひお見逃しなく。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 22
6月25日(月)22:25放送「100分de名著」ゲストは内田樹さん! カミュは高校時代から愛読してますが社会人になってカミュを読み直そうと思ったのは2001年3月に冬弓社から出版された「ためらいの倫理学」が大きなきっかけでした。というわけで内田さんゲストは夢が実現したという感慨で胸がいっぱいです!
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 21
和田忠彦さんの発表の後半、滑り込み。エーコがイタロ・カルヴィーノの死に際に嫉妬していたというエピソードに胸が熱くなる。昏睡状態から醒めた時延命装置に多くのチューブなどに繋がれた自分の肉体をみて「シャンデリアのようだ」と表現したそうだ。死に際まで作家だったカルヴィーノ、凄い。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 21
この系譜にルーシー・モード・モンゴメリーも入るというお話を先ほど茂木健一郎さんにお聞きしてとても興味深かった。学問や文学は環境や条件など関係なく花開くということ。やるべし!
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 19
100分de名著・カミュ「ペスト」をご覧のみなさま、番組はいかがですか? 鹿島茂さんがカミュの評伝の書評をALL REVIEWSに掲載中です。この書評自体が凝縮されたカミュの人生になっています。「ペスト」のような作品が生まれた背景を知るためにとてもよいヒントを与えてくれます。ぜひご一読を。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 17
マルクス・ガブリエル明治大学講演。彼の哲学者評価はamazon的にいうとヘーゲル、シェリング4.5、フッサール2.5、ハイデガー0だとか。ハイデガー否定の理由のほとんどはナチス加担。シェリング評価は意外。無底の概念は仏教の空に通じるという。分析哲学への知見も相当で難解だけど刺激的な講演だった
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 15
おお、まだあるではないか。マルクス・ガブリエルの講演。國分功一郎さんとの先日の対談、面白かったのでちょっと足を運んでまるかな。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 15
Replying to @daijoh_0408
ありがとうございます。皆さんでぜひ盛り上げてください。
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 15
こんなコミュがあるのか!
Reply Retweet Like
秋満吉彦 Jun 12
みなみしまさんが、マルクス・ガブリエルさん×國分功一郎さんの対談の主な内容を連続ツイートしてくれてます。後日、朝日新聞に載るらしいけど(ついでにNHKも撮影に来てたけど)いち早くチェックしたい人はご一読がオススメ。
Reply Retweet Like