Twitter | Search | |
足立康史
なお、言葉遣いについては、私も適切であったとは思っていません。しかし、「日本死ね」が許容される国会の現状、それが流行語大賞に選ばれるメディアに対する“異議申し立て”として、敢えて使わせていただいた。民進あほ、を繰り返すのと同じように、問題提起の一つの方法としてご容赦をいただきたい。
Reply Retweet Like More
taxman Nov 13
日本死ね は一般人のブログからだろ?国会議員発信でそういう言葉使っていいのかって話だよ。話すり替える能力もないだろうから、たぶん問題点が分からないんだろう。ずいぶん能力が低い議員だな
Reply Retweet Like