Twitter | Search | |
Sg
I'm pondering between two layered PonDeRing. Always starving of imagination.
85,653
Tweets
17
Following
5,355
Followers
Tweets
Sg 2h
Plasma Flavors' Classification at Oct2018
Reply Retweet Like
Sg 6h
I'm bit obsoleted from cutting edge of discussion though, does PlasmaMoreVP with dPoS construction might have to observe all dPoS fullnodes by one's watchtower?
Reply Retweet Like
Sg 6h
Replying to @syuhei176
dPoSってのは2nd layerの、資産保全ではなく安定稼働セキュリティに関わるプロパティなのだという気付きがありました
Reply Retweet Like
Sg 6h
Replying to @syuhei176
2オペレータのランダム選定になるとfraud狙いにくくなりそうですよね
Reply Retweet Like
Sg 7h
PlasmaCash with confsig is oftenly discussed for LimboExit scenario, but more complex function do need confsig for each cases. This is the biggest hardle to make secure contract on Plasma flavors, and we need some abstraction layer for this confsig matter.
Reply Retweet Like
Sg retweeted
Elon Musk 13h
i🖤anime
Reply Retweet Like
Sg retweeted
Mustafa Al-Bassam 13h
Non-interactive data availability proofs using erasure coding + Tor hidden services
Reply Retweet Like
Sg Oct 22
We use Issuehunt for non-critical-path issues. And core devs discover&resolve critical-path-issues. As you know many of hardthings come from HR. Tiny team is the key for crypto-incremental foundation. Sustainable Open Source Ecosystem with IssueHunt
Reply Retweet Like
Sg retweeted
星 暁雄 Oct 21
プロダクト/サービスをトークンとして販売できるビジネスモデル「プロダクト・クラウドセール」。法的検討では仮想通貨交換業の登録は不要。 EthereumのERC721非代替トークンを、価値移転のためではなく一種の会員証のように使う。手法はフリーで公開。スタートアップのサービス認証に使えるかも?
Reply Retweet Like
Sg retweeted
極度妄想(しなさい) Oct 21
この規格自体の法的検証には100万円ほどかかりましたが、こちらで負担させて頂きました。 どうかクラウドや認証系でのブロックチェーン利用を考えている方は、WPを読んでみて下さい。
Reply Retweet Like
Sg Oct 21
弊所の期待値
Reply Retweet Like
Sg Oct 21
これExit gameを奥行きにもってくれば、PlasmaMVP以外を手前で二次元マトリクスとして説明できたな……また書き直そう……
Reply Retweet Like
Sg Oct 21
dPoSにセキュリティが蓄積するのかという問いは欠かせないが
Reply Retweet Like
Sg Oct 21
2nd layerの勝負にはセキュリティと使いやすさのトレードオフのどこをとるかしかない。使いやすさを優先して、あとからサイドチェーンのセキュリティを獲得してde factoになるのもアリだと思う。
Reply Retweet Like
Sg Oct 21
Replying to @leo_hio
一応PlasmaCashベースなのでTxの検証(受け取り後の履歴検証)も、不正exitの検証(あらゆる不正exitがchallenge可能)も、どちらも考慮して作ってるよー。上記2つ以外にも検証可能であるべき側面がありそうならぜひ教えてもらいたし(最もセキュアに使えるtrustless 2nd layerにしたい)
Reply Retweet Like
Sg retweeted
極度妄想(しなさい) Oct 21
Plasma generator が利用者側からして検証可能かどうかSgさんに聞いてなかったな
Reply Retweet Like
Sg Oct 21
Replying to @shingen_crypto
そして、将来的にはPlasma Generatorが全要素をバランス良く満たせると思ってます
Reply Retweet Like
Sg Oct 21
キツかったです。毎日ジャカルタのカフェにこもって5時間翻訳してました。でも当時はそうする他なかった。
Reply Retweet Like
Sg Oct 21
Replying to @syuhei176
snappのそれはデータアベイラビリティとunwinding mechanismかな
Reply Retweet Like
Sg Oct 21
Replying to @shingen_crypto
再修正しました
Reply Retweet Like