アヤカ マツモト Mar 19
「僕は、自分自身にマイノリティという「色付きのラベル」を貼り、それが僕の色だと思っていたのです。でも実際の僕は、HIVに強い偏見を持っていました。その偏見に自分自身が晒され、ボロボロになって初めてそれに気づいたのです」