瑞雲 Feb 9
側の史料によると、弘治元年4月から、永禄六年十二月まで、 は、大内氏を頼って山口に滞在したとあるが、その頃は、毛利の防長経略の最中。ひとまずの義興の縁者として遇されたはいいが、最終的には体よく阿波に返されたと見るのが正しいのかもしれない。 <瑞雲bot>