Twitter | Search | |
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist
88 Performance 代表 / Performance Specialist... トレーナー歴13年。アスリート、医療系、芸能人、経営者などのトレーニング通算15000件程度を手掛けてきました。得意分野は身体パフォーマンス向上。趣味はウエイトリフティング🏋️‍♀️ルアーフィッシング🎣
846
Tweets
210
Following
482
Followers
Tweets
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 22
Replying to @YutoKonno
だからと言って筋力トレーニングをないがしろにするのは× 筋力トレーニングは超重要
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 22
Replying to @YutoKonno
競技パフォーマンスの構成要因として 〝筋力〟〝柔軟性〟など重要な事は間違いないがそれらが占める割合はさほど大きくない。 なぜなら、身体運動が五感+2の感覚を統合させる事によって構成されるから。
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 22
Replying to @YutoKonno
それらが、 その時の心理状態や過去の記憶など統合して、発現させるものだと考えられる。
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 22
人の動作における〝感覚〟は、 視覚 聴覚 触覚 嗅覚 味覚 の5つで構成されている いわゆる〝五感〟 それに加えて 重力、回転運動、身体揺れを感知する〝平衡感覚〟 筋肉や関節に存在する感覚器(筋紡錘やGTO)で、 姿勢 空間位置認知 など知覚する固有覚の7つの感覚がある
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 21
Replying to @YutoKonno
100度以上行ってもストレッチ感が感じられてない人は、優秀ではなく、 ハムが感覚器として上手く働いてない場合が多いのでむしろ危険
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 21
SLR Test は主に ハムの柔軟性のテストとして活用されるが、 僕の場合は ハムの状態感知能力のテストとして活用する。 陽性→80度以下か100度以上 80度以下で止まった場合、ハムが何かしらの原因で過緊張を引き起こしている 100度以上行った場合、どの場所でストレッチがかかっているかチェックする
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 21
Replying to @YutoKonno
要は、体力面だけ強化して備わっていても、 大事なところで使えてない可能性も十分あり得るという事
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 21
Replying to @YutoKonno
しかし日常生活や競技中で使えてない(弱い)人もいる それって神経的なブレーキが掛かっている状態 ブレーキを掛けた状態でアクセル踏み続けるようなトレーニングしてるケースが結構ある より効率的に介入していきたいのであれば、そのブレーキを外す訓練をしてから筋力トレーニングに励むとより良い
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 21
可動域検査(ROM)筋出力検査(MMT)は その人の 出来る事 / 出来ない事 の検査 しかし、その人の持ってるリソースを評価したとしても〝使ってない〟可能性も非常に高い 本来人間が持ってる筋力って、骨折れるくらい強いのでリソースは持っている
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 20
してる人は自分の呼吸パターンが正常であるかを確認した方が良いですね 1日の消費カロリーのうち20〜30%は脳が使う言われてます その脳の燃料は主に 〝酸素〟と栄養(ブドウ糖) 1日約20000〜23000回呼吸するので、 全てエラーか正常かによって酸素供給量が変わり、脳の活動量も変わる
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者 Performance Specialist retweeted
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Nov 23
ケツ強くしたり、背中強くしたり、関節の動きよくしたりしたところで、競技中それらが機能するとは限らないなぁ。 結局脳分かってないと、意味ない。 今後は、脳の知識がある程度あるトレーナーが生き残っていくと思う。 反省。
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者 Performance Specialist retweeted
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Oct 26
脚痛いので、トレーニング休みます。 は死ぬほど勿体ない。 それならいつもより上半身強化出来るよ! これは空手で学んだ理論です。笑 突き出せないなら蹴り強化しよう理論です。笑
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 20
Replying to @YutoKonno
まだまだ地球上の事や人体の事なんて未知な事の方が多い 正しいと思ってる事も5年後10年後は違うかもしれない 批判や否定してたら後戻り出来なくなるしやっぱ違いました!ってダサ過ぎる オタク前disってたやろ!って しかし〝否定の目〟で見る事は重要 その目で見ても納得出来るなら取り入れる
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 20
Replying to @YutoKonno
これらは伝えたい、変えたいではなく自己満足 伝えたいなら人として魅力的がある方が 相手も受け取りやすいので否定や批判ではなくただただ素晴らしい事を発信している方がよっぽど影響力増すよ 頭を使おう 感情や理性をコントロール出来てないので 前頭葉や大脳辺縁系の活動が低下してるとも言えるw
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 20
Replying to @YutoKonno
どんなにこれおかしいだろ! これはどうなの?って思っていたとしても 自分の信じる事だけを発信していけば良いんじゃないかなぁ? 皆、発信は自由なんだから 何か思う事があるなら間接的に発信するのではなく直接言おう。普通にかっこ悪い 束になってそうだそうだ!と言ってるのは更にかっこ悪い。汗
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 20
どんなに素晴らしい知識や技術あり、 どんなに素晴らしい事書いていても、 人の批判や否定ばかりしてるブログや記事を見ると見る側の人にとっては とっても〝気持ちが良くない〟 結果、その人が伝えようとしている事の半分以下で内容が入ってくる 気持ちが良くないから 非常にもったいなく感じる。涙
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 19
若手トレーナーへ こいつほんとダメだなぁーと思ったその直感は 大事にしよう ほぼほぼ当たってる事が多い 俺もそれでかなり失敗してるから説得力あるぞ!笑
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 19
独立したい若手トレーナーへ まずは、 独立考えずにすぐパーソナルトレーニングセッションがたくさん出来る所に行こう 数をやると沢山見えてくるものがあるよ そして、お金貯めて自己投資しよう それらは独立した時に武器になるよ ある程度自信ついたら飛び立とう!😆
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 19
パーソナルトレーニングで超重要なのは 〝初回カウンセリング〟です ここでハート掴むか?掴まないか?によって、 リピート率も変わるし、クライアントとの信頼度も上がるので、こちらの提案もスムーズに聞いてもらいやすい あの人全然言う事聞いてくれない! は、信頼関係気付けてないかもね
Reply Retweet Like
今野 雄斗 / 健康会社経営者  Performance Specialist Jan 19
Replying to @yuuta_sawamura
昔、カウンターもって練り歩いたの思い出すよ!笑
Reply Retweet Like