東京大学新聞 Sep 11
アルコールが共感促進 自閉スペクトラム症の治療に 池谷裕二教授(薬学系研究科)らは、アルコールが共感を促進することを実験的に証明しました。アルコールの効能を理論的に解明し、共感の低下が見られる自閉スペクトラム症の治療にも役立つと期待されます。