珠川幸 Nov 22
劣等感や優越感を感じるような、比較や競い合いや争いをするためは「似たもの同士が、同じことをする」必要があります。 学童期(6歳〜12歳)の子どもたちは、そのような稀で不自然な環境にいます。それが学校です。 「4.10 比較をするには」