珠川幸 Nov 18
どれだけ勝っても、どれだけ高評価を貰っても、どれだけ容姿を整えても、一時的に忘れられたとしても、渇(かわ)きは満たされなることがなく、貪(むさぼ)り続けます。それが優越感と劣等感の仕組みなのです。 「4.9形を変えた劣等感」