Twitter | Search | |
Shin Hori
引用されてる小林よしのりの主張は、「日本人女性も悲惨な目にあったことを忘れるな」というところで終わるならまだ理解できますが、「黙って胸に秘めて事実を語らない日本の女を誇りに思う」というのは、さすがに身の毛のよだつようなおぞましさを感じてしまいます。
Reply Retweet Like More
ユリア 23 Aug 18
Replying to @ShinHori1
被害者にだまっていることを暗に強制する、黙っていないと「何開き直ってるんだ」と罵倒し、場合によっては死を迫るようなのがこの国の美徳みたいに語られていたことを全面肯定する記述に、少しでも疑問さえも抱かなかったのでしょうか。彼のスタッフにも女性はいたでしょうに
Reply Retweet Like
Shin Hori 24 Aug 18
Replying to @Yuriakatase
いつの時点の作品かはわかりませんが、小林よしのりの観点は「被害者が黙ってることは立派なことだ」という、現在では到底通用しない価値観で、そんな昔でもない時期にこういう主張が漫画で流布していたのはちょっと怖いですね。
Reply Retweet Like
ペネトレ 24 Aug 18
Replying to @ShinHori1
この間、上記のソ連兵の蛮行についてNEWS23で特集があった。その時にソ連兵の相手をさせられた女性の話がその友人の証言と共に紹介されていたが、その女性は言わなかったのではなく、言えなかったのだ。日本に引き揚げた後も白い目で見られて語るに語れずで、決して誇り高かったからではありません。
Reply Retweet Like
ペネトレ 24 Aug 18
Replying to @ShinHori1
その特集では、その当時、日本では違法とされていた中絶を日本政府が秘密裏に国家主導で行っていた事が当時の政府の資料と共に紹介されていた。異民族の血が混じる事を懸念して密かに博多に病院(収容所)を作り、そこで本人の意志如何は問わず、強制的に中絶させられた。
Reply Retweet Like
名もなきヴタ:原子力はブラックエネ 24 Aug 18
Replying to @ShinHori1 @mt3678mt
こわいわー引くー
Reply Retweet Like
anamochi★あなろぐ餅米 24 Aug 18
Replying to @ShinHori1
今調べた。新ゴー宣第3巻24章。初めて従軍慰安婦を扱った回だった ひとつ前のページには朝鮮側の慰安婦も本人さえ知らない複雑な事情があり、戦争という外交手段をただ批判するだけの「正義ぶりっ子」を批判する流れになってる 全部読めば何故誇りに思うに至ったかも理解できるんじゃないかな
Reply Retweet Like
地方の会計屋(戦おう、生きる為に) 29 Aug 18
Replying to @ShinHori1
911後のアフガン戦争でもタリバンを擁護してたのを覚えていますが、ブルカの強制もイスラムの伝統を理由に全面肯定しててましたね。批判するのはフェミだとか欧米の価値観だとか言って。当時は単なる逆張りかと思ってましたが、今思えば素でミソジニストだったのですね。
Reply Retweet Like
N.Mizusawa 30 Aug 18
Replying to @ShinHori1
氏の作品は大分昔に一通り読みました。文脈全体から私は「真実を語らなかった方々の選択も尊重すべき」と解釈して読んでいました。不当で悲惨な事情があって話せなかったとしても、その人の選択を否定はできない、というのはその通りと思いました。(私の解釈違いかもしれません)
Reply Retweet Like
にこ 29 Aug 18
近所に堕胎医がいたけど、どうみても医療や医療者と言えるものではなかったし。 髪を引きずってでも堕胎医の所へ連行させたと聞きました。 引揚げ船から投げ落としたり、、
Reply Retweet Like