Twitter | Search | |
Purchase Index
PI値(Purchase Index)、POS分析、ID-POS分析、そして、最近、最も力を入れているAI(人工知能)についTweetします。
2,534
Tweets
602
Following
559
Followers
Tweets
Purchase Index 12h
Replying to @PurchaseTW
ダニエル・チャンCEOは、そのためには財務の健全化が最重要と見ているといえます。今後は守りだけでなく、海外戦略、サイバー&フィジカル戦略、クラウド、AIへの投資が必須、いつ反転攻勢に出、積極的な投資に踏み切るのか、今後のダニエル・チャンCEOの経営決断に注目です。  
Reply Retweet Like
Purchase Index 12h
Replying to @PurchaseTW
アリババGの経営ビジョンは lasts at least 102 years、少なくとも102年続く企業を目指すことですが、これは1999年に創業していますので、そこから102年後は3世紀にまたがるいうことであり、ジャック・マー氏が最少目標としたとのことです。  
Reply Retweet Like
Purchase Index 12h
Replying to @PurchaseTW
アリババGは、この9/10には創業者、ジャック・マー氏が引退、すでに、ダニエル・チャン氏がCEOに就任していますが、新CEOの意向が強く働いているといえ、財務畑出身だけに、堅実な決算を目指したものと思われます。  
Reply Retweet Like
Purchase Index 12h
Replying to @PurchaseTW
アリババGの純資産比率は62.62%ですので、健全、有利子負債も総資産のわずか4.50%、利益剰余金も40,675百万ドルと、約4兆円と豊富です。にもかかわらず、CFを投資ではなく、温存しましたので、今後、何が起こっても耐えられるように、守りを固めたといえます。  
Reply Retweet Like
Purchase Index 12h
Replying to @PurchaseTW
ただ、気になるのは投資CFであり、昨年と比べ大きく減少、営業CFの61.07%に留まっていることです。財務CFも抑制していますので、結果、トータルCFは19,346(昨年(28,489) と、反転、キャッシュを温存したことです。  
Reply Retweet Like
Purchase Index 12h
アリババGが8/15、2020年3月期の第1四半期決算を公表しました。結果は大幅な増収増益、好決算です。売上高は42.03 %増、営業利益は303.93%増と、特に、利益を大幅に伸ばしています。米中の貿易摩擦が及んでいないともいえる好決算です。  
Reply Retweet Like
Purchase Index 12h
August 20, 2019 アリババG、第1四半期、好調、堅実な財務!  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 18
Replying to @PurchaseTW
また、Purchase of Company stock:(3,707)(昨年(1,844))と、自社株買も積極的、株主還元にも力を入れています。ウォルマート、この好調な中間決算をもとに、後半に向けて、守りを重視か、それとも、反転、攻めの経営に舵を切るのか、その決断に注目です。  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 18
Replying to @PurchaseTW
サイバー&フィジカルストアへの備えも進めています。ただ、気になるのは、キャッシュフロー、投資CFが営業CFのわずか34.19%と、投資を控えており、財務CFへ営業CFの約50%を配分していることです。いまは、投資よりも、財務の改善にキャッシュを振り向けているといえます。  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 18
Replying to @PurchaseTW
対Amazonへの対抗策としての eCommerce sales grew 37%と、こちらも好調であり、 eCommerce 市場でも存在感を発揮しています。また、ここ最近、ブロックチェーン関連の特許も申請、ウォルマートのデジタル通貨に加え、ドローンの特許も申請しています。  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 18
8/15、ウォルマートが2020年1月期の第2四半期決算を公表しました。結果は、営業段階では増収減益でしたが、税前利益では10,070(212.7 %)と、1兆円を超え、昨対では大幅な増益となりました。これは市場予想も超えたとのことで株価は上昇、投資家は買いと判断したといえます。  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 18
August 19, 2019 ウォルマート、中間決算、好調、株価上昇!  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 17
Replying to @PurchaseTW
ハウスカードの魅力をどう高めるか、あるいは、共通ポイントカードに重点を移すか、経営判断をせざるをえない段階に入ったといえます。食品スーパー、各社がどう動くか、消費増税が迫った中、各社の経営者の決断に注目です。  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 17
Replying to @PurchaseTW
今後、導入企業が増加することが見込まれるといえます。ポイント還元政策は、これまでハウスカード戦略が、特に食品スーパーでは中心でしたが、コンビニ、ドラックストアが本格導入したことにより、食品スーパーもマルチポイント化へと大きく転換してゆくことになると思われます。  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 17
Replying to @PurchaseTW
PayPayは、すでに、1,000万のユーザーに到達、ドラックストア、コンビニの加盟店は大半が加盟、消費増税の中核となる食品スーパーへの開拓が伸び悩んでいたといえます。ここへ来て、最大手のライフコーポ―ションが導入し、食品スーパーでも最大10%還元がはじまります。  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 17
Replying to @PurchaseTW
ライフコーポレーション270店舗で最大10%のポイント還元が実施されます。これまで食品スーパーのポイント還元率は0.5%から1.0%ですので、10倍から20倍の還元率と異常であり、これまでのポイント還元戦略が吹き飛ぶ破壊力といえます。  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 17
消費増税を控え、ポイント還元の動きが慌ただしくなってきました。特に、PayPayは積極的であり、食品スーパーに特化したポイント還元政策を9月から打ち出します。8/9、「「PayPay」、9月2日より「ライフ」で利用可能に」というニュースリリースが公表さました。  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 17
August 18, 2019 食品スーパー、ポイント還元10%の時代へ!  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 16
Replying to @PurchaseTW
ただ、交渉ははじまったばかりですので、今後、どのような企業の価値向上策を打ち出してゆくのか、そして、投資家はどう判断するか、今後のマツモトキヨシHの株価の動向に注目です。  
Reply Retweet Like
Purchase Index Aug 16
Replying to @PurchaseTW
CF、BSでは、有利子負債以外は、大きな差はないといえます。日経新聞でも、「マツキヨHD株の下落には「利益貢献に比べて、統合による1株利益の希薄化リスクが嫌気された」と報道、投資家はマツモトキヨシHにとってやや厳しい視線を向けています。  
Reply Retweet Like