Twitter | Search | |
NeoL Magazine
The internet street corner magazine for new generation
4,832
Tweets
24
Following
3,647
Followers
Tweets
NeoL Magazine 4h
主張するツールとしてのバンパーステッカーに着目 JUNYA WATANABE コム デ ギャルソンや BRAIN DEAD へのビジュアル提供などで知られるB.トム スティーヴンソン展”アメリカンランドスケープ”  
Reply Retweet Like
NeoL Magazine 4h
Chim↑Pom エリイが考える臆病者にならないマインドとは。『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』インタビュー 
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 16
代官山アパートを収めた伝説の名作が再び ハービー・山口 写真展 「代官山17番地」 
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 15
「14歳の時は限られたコミュニティのなかで守りに入って空気を読まなければならない風潮が強いと思うのですが、良い意味で誰も気にしていないんだから自由でいてほしいですね。でも、自由は責任が伴うことです」14 Issue : 嶌村吉祥丸(写真家) 
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 11
[試写会ご招待]二人の男が織りなす一大叙事詩に隠されるカラクリとメッセージ『天国でまた会おう』
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 10
「高校生までは学校が自分の世界の全てになってしまいがち。でも外に出てみたら自分の苦手な人から距離を置くことを圧倒的にしやすくなったし、世界は広いと知ったので、今いる世界に合う人がいなくても大丈夫」久能真理(グラフィック・デザイナー/アート・ディレクター)
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 9
第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館代表に選出された岩崎貴宏が書店という空間を意識した新作を展示
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 9
繰り返して使えるスマートノート Rocketbook Everlast
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 8
ネット上の3Dデータを「仮想空間内の彫刻」に 平田尚也個展『不完全な監獄』
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 7
「中学3年間は“ダンジョンズ&ドラゴンズ”かやってないです。自分たちで考えて作るテーブルトークRPGにハマったら一方的に与えられるだけのTVゲームのRPGができなくなったんですよね。1本道しかないから、そういうのがすごく嫌で」 中尾憲太郎(ベーシスト/プロデューサー)
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 3
繰り返して使える新時代のスマートノート Rocketbook Everlast
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 2
“I think the most important thing is the message that should be express should be expressed by certain people. " Interview with Moses Sumney about “Black In Deep Red, 2014” 
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 2
「これから先必要なのは1人1人が自分のストーリーを語っていける世の中になるってこと」モーゼス・サムニー/Interview with Moses Sumney about “Black In Deep Red, 2014” 
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Jan 1
[試写会ご招待] 『ジュリアン』離婚調停で息子の親権を争う夫妻の姿から始まる本作。互いの適性を疑問視する両者。全てを知るのは子供達だけだが、裁判所でその声に耳を傾けられることはない。なぜなら、彼らは”子供”だからーー。観客を”目撃者”にする衝撃作。
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Dec 31
「82年生まれ、キム・ジヨン」の装画をてがけたアーティスト・イラストレーター榎本マリコ個展開催 
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Dec 31
「好きな人の番号、忘れられる?」平成テレビ史から読み解く、恋愛とケータイの遷移
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Dec 29
"My music is somewhere between accessible and skewed, somewhere in the middle. There’s moments where you could say oh I can understand that, and there’s weird moments but I can only do what comes naturally. " Jon Hopkins x Sho Okamoto
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Dec 29
OKAMOTO’Sのアドレス帳第30回目は、英国王立音楽院で学び、『イミュニティ』でマーキュリー・プライズにノミネート。ブライアン・イーノとともにコールドプレイに楽曲提供、プロデュースで携わるなどイギリスの気鋭ジョン・ホプキンスがオカモトショウと対談を果たした。
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Dec 29
“I think I was able to find the time to return as an individual rapper. I want 1MC1DJ to stand confidently. The theme for this year may be “returning as a rapper”. After doing so, I believe I can do anything.” Ryohu ft. GUCCI
Reply Retweet Like
NeoL Magazine Dec 29
「一人のラッパーとして立ち返るタイミングがきたのかなとは思っていて。1MC1DJでもカッコよく成立できるようになりたいです。それができてこそ、なんでもできると思うから」14 issue : Ryohu ft. GUCCI 
Reply Retweet Like