Twitter | Search | |
雨雲
行田幹事長(希望の党)「生まれ変わった希望の党は審議拒否は致しません。TPP11は速やかに手続きを進めることが国益にかなう。日本が主導してここまできた。対米交渉カードとして持っておくことが重要。今後の国会は国益、国民益を第一主義で臨む」 希望の党、ついに覚醒かな☺️

The following media may contain sensitive material. Learn more.

Reply Retweet Like More