Twitter | Search | |
テキサス親父日本事務局
余命の懲戒請求事件で、余命に被害者にされた方々が、佐々木・北弁護士に和解金を支払っています。これは、大きな間違いです。 余命に騙された方々は、ひとまとまりになって、裁判を受け、余命に騙された事を証言すべきです。発端は余命が個人情報は知られないとした事です。
余命事件に関して、元余命信者やその他から、私宛に様々なメッセージが送られてきている。その中で、私のスタンスを問うものがいくつかあったので、この件に関して簡単に説明しようと思う。余命の向かう方向に関してまず、大前提として余命氏の向かっている方向に関しては、ほぼ同意する。日本の法曹界や学会など、長年の間に蓄積した利権が渦巻き、また、国費を使い日本を貶めようとしている組織などは、出来るだけ早く解体...
Reply Retweet Like More
国乱れて忠臣見わる@腹括れ日本人子孫の為に! Jun 9
Replying to @MR_DIECOCK
法務大臣何やってんだよ💢 弁護士会の自治権取り上げろ💢💢💢💢
Reply Retweet Like
ワカメちゃん Jun 10
Replying to @MR_DIECOCK
家族に事を知られたくない人はどうすればいいのかしら…。
Reply Retweet Like
寿寿(ことぶきひさし) Jun 10
Replying to @MR_DIECOCK
理想的とは思いますが、現実的ではないですね。「ひとまとまりになる」といっても、全国に散らばった、数百人の余命の犠牲者が、互いに連絡を取り合い、意見交換し、一致団結して裁判へ挑むまで、どれほどまでのコストがかかることか。
Reply Retweet Like