Twitter | Search | |
三橋順子
奈良時代、『万葉集』の詞書を書くくらいの人なら、当然、漢籍の知識は豊富なわけで、当時の作文の作法からしても、典拠がある。 後漢の学者、張衡(78-139)の「歸田賦」に、 「於是仲春令月、時和氣清、原隰鬱茂、百草滋榮」 が、『万葉集』巻5(815番歌)の詞書「初春令月、気淑風和」の典拠。
Reply Retweet Like More
三橋順子 31 Mar 19
Replying to @MJunko0523
漢字を使っている限り、漢籍(中国文化)からは逃れられない。
Reply Retweet Like
よしぼう 1 Apr 19
Replying to @MJunko0523
万葉集の「梅花の歌三十二首并せて序」と文選の「歸田賦」の当該部の比較は。、すでにあちこちでされているので、さすがに知らずに発表したことはないことはないと思います。当該歌の序を書いたのは憶良と言われてますが、文選を踏まえたことはありえます。
Reply Retweet Like
三橋順子 1 Apr 19
Replying to @bafkm
私が(仕事中だったので)ネットだけで約5分で調べたことを、専門の学者先生が知らないはずはないです。 ただ、典拠がさらに踏まえたものがあることを安倍首相が理解していたかは知りません。 あと、あの歌の序を書いたのは、たぶん山上憶良でしょうね(人脈的に)。
Reply Retweet Like
くろやす 31 Mar 19
Replying to @MJunko0523 @kdxn
於是仲春令月,時和氣清;原隰鬱茂,百草滋榮。王雎鼓翼,倉庚哀鳴;交頸頡頏,關關嚶嚶。於焉逍遙,聊以娛情。 爾乃龍吟方澤,虎嘯山丘。仰飛纖繳,俯釣長流。觸矢而斃,貪餌吞鉤。落雲間之逸禽,懸淵沉之鯊鰡。 こっちのがいい。
Reply Retweet Like
行政書士永易至文/東中野さくら行政書士事務所 31 Mar 19
まことに、みごとな四六駢儷文。
Reply Retweet Like
雨宮文治 31 Mar 19
Replying to @MJunko0523
素晴しく素早い典拠論考さすがさすが!!
Reply Retweet Like
ta nyan 1 Apr 19
Replying to @MJunko0523
Reply Retweet Like
佐藤孝志 1 Apr 19
Replying to @MJunko0523
これ、今後、大問題になる可能性は?
Reply Retweet Like
fukushimah 1 Apr 19
Replying to @MJunko0523
元号そのものも中国のパクリなのに、出展は日本の伝統だとか訳の分からないことを威張って言った馬鹿政府だが、逆に日本の伝統とやらも中国のパクリだってことを証明してしまった。
Reply Retweet Like
kEN ONODA 1 Apr 19
Replying to @MJunko0523
万葉集814番の序文を書いたのは、私も、山上憶良だと思います。そして、この元号案を提出したと目される国文学者の中西進さんは、憶良、帰化人説。久松潜一さんも否定しませんでした。「中国詩文を模倣駆使した美文の序」-犬養孝-。
Reply Retweet Like
kEN ONODA 1 Apr 19
Replying to @MJunko0523
万葉集815からの梅花の32首(他に員外・追加6首)でした。訂正いたします。
Reply Retweet Like