厚生労働省 Apr 7
について】 このワクチンは、乳児の定期接種のために製造されており、出生数と同程度しか出荷されていないため、余剰はありません。乳児にワクチン接種ができなくなってしまうと、重篤な髄膜炎や全身性の結核につながるリスクが高まります。 (1/2)