戸梶圭太 Aug 30
強いストレスを受けた時に尿意、背骨の痛み、胃痛、耳鳴り、かゆみ、じんましん、視野狭窄などなど人それぞれに異なる反応が起きるのは小説の書き手にとって実に楽しくてありがたいことだ。みんな同じだったら書いてても読んでいてもすごくつまらない。