Twitter | Search | |
望月衣塑子
が長期化し、硬派なジャーナリズムを体現する報道番組が激減する中、 の奮闘はメディアの鑑だ。 「『常に冷静であれ』と意識している」と金富プロデューサー。1987年の放送開始以来、右に左に政権が振れても一定の距離持ちつつ、時に厳しい目も向けてきた
Reply Retweet Like More
ラナンキュラス(川上 真二) Jan 13
Replying to @ISOKO_MOCHIZUKI
必ず見ています
Reply Retweet Like
takiponsnc Jan 13
Replying to @ISOKO_MOCHIZUKI
社会部の人事異動、内示でもありましたか?
Reply Retweet Like
古志原正樹 Jan 13
テレビをやめるまでは見てました。よくやってるうちですがそれでもタブーは多そうでした。陰ながら応援してます。
Reply Retweet Like
k.taro Jan 13
Replying to @ISOKO_MOCHIZUKI
まだまだ足らない❗
Reply Retweet Like
i Jan 13
Replying to @ISOKO_MOCHIZUKI
政権に距離を置き一線を引く番組が希少価値になり
Reply Retweet Like
Pz08/15 Jan 13
Replying to @ISOKO_MOCHIZUKI
大衆向け娯楽番組の 一類型だと思います。
Reply Retweet Like
古江 政彌 Jan 13
Replying to @ISOKO_MOCHIZUKI
望月さんはゲストコメンターとして出演はされないのでしょうか?
Reply Retweet Like
顔面海苔だー Jan 13
Replying to @ISOKO_MOCHIZUKI
冷静であれ?
Reply Retweet Like
アプリ開発 かず Jan 13
Replying to @ISOKO_MOCHIZUKI
報道特集もあります
Reply Retweet Like
wild-cat Jan 13
Replying to @ISOKO_MOCHIZUKI
昔は軟派な番組だと思ってましたがら、この番組が硬派と呼ばれるほど、硬派の番組がなくなってきたということなんだと思ってます。
Reply Retweet Like