長島弘志@あなご Apr 17
衝撃的作品だった。舞台で観たかった。 メディアの人間を通じて、もっと恐ろしいものを描こうとしているように感じた。一回読んだだけじゃわかりそうもない。