ヒナタカ(映画ライター) Jun 29
を見てみると、『』と『!』と『』をあげている方が多くて嬉しい。いずれも低予算で宣伝費も少ないけど、だからこそ作り手の情熱に溢れまくっている大傑作です。