Twitter | Search | |
早川書房公式
ボルヘス、エーコが夢見た「知の集積所」はいかにして創られたか。 古今の実在/架空の偉大な図書館の壮麗さと、書籍の魅惑に取り憑かれた歴史を彩る人々を描き出す。書物好き垂涎の書。 『図書館巡礼──「限りなき知の館」への招待』 スチュアート・ケルズ 小松 佳代子訳
Reply Retweet Like More