Twitter | Search | |
CatNA Aug 12
NHKスペシャル「本土空襲」 アメリカが大量虐殺を決断したのは日本の重慶爆撃のせいだ、と洗脳する内容。日本が悪いことをしたのが諸悪の根源、とする単純な歴史観を拡大再生産し続けるNHK。憲法さえ守っていれば平和を維持できるという9条教徒が誕生する原因がここにある。
Reply Retweet Like
CatNA Aug 12
Replying to @CatNewsAgency
アメリカが日本爆撃以上に爆弾をバラ撒いたのがベトナム戦争。北ベトナムがいつ他国を無差別爆撃しただろうか?重慶爆撃が東京大空襲や原爆投下の原因だなんて、ただの詭弁ですね。虐殺を正当化するアメリカの詭弁であり、贖罪意識を日本人に植え付けて、9条教徒を増やしたい左翼メディアの詭弁。
Reply Retweet Like
CatNA Aug 12
Replying to @CatNewsAgency
NHKだけでなく、日テレも重慶爆撃が東京大空襲や原爆投下の原因だとする洗脳番組をやってましたね。制作した清水潔は大の安倍総理嫌い。憲法を死守しようとするメディア関係者は、こうやって歴史を悪用する。歴史解釈は政治に直結している。
Reply Retweet Like
エル・オレンス
都市を標的とした無差別爆撃はスペイン内戦時、ドイツ空軍によるゲルニカを対象としたものが最初かな(1937年4月)。日本軍による重慶爆撃は翌年のことです(1938年2月~)。意図的かどうかわからないけれど、歴史の文脈を無視(捏造)するのはよくありませんね。
Reply Retweet Like More