A軸屋Z Jun 20
ちょうどいいっていうのは、ぼくにとっての生死が深い深いところで関わってるから。死生観という羅針盤をこの身体に据えることに対して、無感覚にならなくてよかった。