Twitter | Search | |
DesignStories
「DesignStories」はwebマガジン「デザインストーリーズ」の公式アカウントです。作家、辻仁成を編集長に、人生のデザインを豊かに彩るためのライフスタイルマガジンです。このツィートはすべて東京編集部のスタッフがツィートしています。辻編集長のツィートではありませんので、お間違えのないよう、よろしくお願いします。
3,021
Tweets
1
Following
5,520
Followers
Tweets
DesignStories 6h
窓を開けたら、まだ半分眠った今日が、おはよう、と言った。だから私も、おはよう、と答えて、今日も暑くなりそうだね、と言葉続けた。
Reply Retweet Like
DesignStories 6h
アイスランドには至る所にパワースポットがあるという。辻 仁成が父子旅として今回選んだ場所は「神秘の島 アイスランドのパワースポット、そして夏のオーロラ」。人間関係に翻弄され疲れた心を浄化するために訪れたアイスランドは、まさに天国に一番近い神秘の島でした。
Reply Retweet Like
DesignStories 12h
今日もありがとうって、感謝したくなる。昨日に、今日に。そして、生まれ来る明日に。今日も頑張って生きました。明日へのバトンは夕焼け色した、この場所で、懐かしいあの日の歌を聞きながら。じゃあまた明日。この場所で。
Reply Retweet Like
DesignStories 14h
だーれかさんが、だーれかさんが、小さい夏みっつけた!それはね、ノゲシの綿毛。黄色いタンポポみたいな花を咲かせたあとは、真っ白い綿毛ボールになるよ。花言葉は、旅人。綿毛は風に乗り、遠くまでタネを運ぶ。旅好きな綿毛。ふわふわと行くよ。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 15
お日さまが、涼しい風をひと吹き。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 15
辻 仁成の「暑く長いジャカルタの夜 」が配信されました。新作映画のキャスティングのために訪れたジャカルタ。様々な場面で出会うインドネシアスタイルに驚かされるも、国中に溢れるエネルギーはかつての日本と重なる。そこにはパワフルに生きるインドネシア人がいました。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 15
見上げた夜空に三日月。キレイな細い弓形の月。淡い光が地球を照らし、その中をゆっくり歩いたよ。三日月ってどこか懐かしい、街の灯りに似ている。遠く近く波のように、寄せては返す月の灯り。心を映す夜の月だね。じゃあまた明日。この場所で。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 15
だーれかさんが、だーれかさんが、小さい夏みっつけた!それはね、ひまわり。太陽に向かい真っ直ぐに伸びるよ。花言葉は、私はあなただけを見つめる。でもね、本数によって意味が違うんだって。1本は一目惚れ。3本は愛の告白。7本は密かな愛。そして、99本は永遠の愛。太陽のようだね、ひまわりって。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 14
オイサッオイサッ!と、あっちの方からYの声。手にはホッチキス、飛び散る汗。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 14
まきの ななこさんの「オランダ人がオレンジ色を好むわけ」を読むと、そこにはオランダが歩んできた長い歴史の真実がありました。オレンジ色はオランダ人の自由と独立の象徴であり、未来を照らす希望の色なのかもしれません。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 14
おはよ。窓を開けたら蝉の声。命喜ぶように鳴いているよ。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 14
ゴロンとしてたらこんな時間。今日も頑張りましたね。きっと今、いい顔してる、そんな気がする。じゃあまた明日。この場所で。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 14
人は泣きながら生まれてきます。でも、大人になるにつれ、人前で泣かなくなりますね。どうして? 辻 仁成の人生は後始末 「涙の理由」とは。泣いて心を浄化して、気持ちをリセット。辛い時は思い切り泣きましょう。涙は心を洗い流し、きっと笑顔を連れてきてくれるはず。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 14
だーれかさんが、だーれかさんが、小さい夏みっつけた!それはね、ハスの花。沼地に足を踏ん張って、ピンクの可憐な花を咲かすよ。足元は泥まみれなのに、なんて涼しげな顔。花言葉は、清らかな心。神聖。見ているだけで心が清々しくなっていく、不思議な力を感じるね、ハスの花。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 13
静かに熱く、思い重ねて、今日も行くよ。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 13
プロヴァンスではセミがシャン、シャンと歌い始めたら本格的なヴァカンスの季節到来!町田 陽子さんの「日常と、疲れた自分から離脱したい人に効くクスリ、あります。」 にみる正しいヴァカンスの過ごし方。フランス人に教えられました。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 13
熱い一日だった。飛び散る汗が光りに反射して、キラキラと美しい一日だった。命が燃えていたね。生きることを喜びながら。命が駆け抜けていったね。生きることに感謝しながら。今日を生き、明日が生まれ、明日が今となって、未来は繋がって行く。じゃあまた明日。この場所で。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 13
だーれかさんが、だーれかさんが、小さい夏みっつけた!それはね、クコの花。秋には赤い実をつけて、実は食べたり焼酎に漬けてクコ酒にしたり。葉はお茶や薬剤に使われたりと、無駄がない植物。花言葉は、お互いに忘れましょう、とか、誠実だって。心の中に思いやりを秘めた優しい花だね、きっと。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 13
植物男子Y。ベランダに立ち天仰ぐ。 心は遥か山笠の、飛び散る汗の中にあり。
Reply Retweet Like
DesignStories Jul 12
朝はいつも、新しい何かを連れてくる。何かが始まる朝。何かを始める朝。
Reply Retweet Like