Twitter | Search | |
CatNA
戦前、日本政府が暴走して戦争を始めたと勘違いしている人が多いが、軍部が独走し、新聞が戦争を煽り、弱い内閣がそれを抑えられなかったというのが実態。軍部とは、要は制服を着た役人。現在、「権力監視」を振り翳し、役人と結託して内閣を潰さんとするメディアは歴史から何も学んでいない。
Reply Retweet Like More
Mi2 Aug 8
Replying to @CatNewsAgency
戦争をさせないためにも永遠に残したいツイートですね。 私のリプにも時々、新聞は読まない方がいい、テレビは見ない方がいいという人がいますが、国民世論を誘導するメディアの監視は絶対に必要。メディアは倒閣もできるし、戦争さえ起こすことができる恐ろしさをもっと多くの人に知ってもらいたい。
Reply Retweet Like
CatNA Aug 14
Replying to @CatNewsAgency
【メディアの戦争責任】 あの戦争を煽ったのは新聞だった。メディアが軍部に戦意高揚報道を強要されたというのは戦争末期だけの話であり、責任逃れの嘘だった。 NHKスペシャル「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」 第3回 "熱狂”はこうして作られた 2011年2月27日放送
Reply Retweet Like
CatNA Aug 14
Replying to @CatNewsAgency
【メディアの戦争責任2】 数か月前、日本政府が報道へ圧力を加えていると非難する国連特別報告者をメディアはチヤホヤと報じていたが、戦前、満州国を否定する国連報告書を徹底批判し、日本を国連脱退に追い込んだのもメディアであった事実。
Reply Retweet Like
CatNA Aug 14
Replying to @CatNewsAgency
戦前は戦争を煽って販売部数を伸ばし、戦後は日本政府の戦争責任を叩きまくって商売にしてきたメディア。その結果、慰安婦問題捏造報道をやらかしたのに、未だに全く懲りていない。シールズを過剰に美化する報道や安倍叩き倒閣報道など、世論を意図的に操作する報道犯罪を繰り返している。
Reply Retweet Like