Twitter | Search | |
𓆏CIA創設者ウィロビー(旧@TsukamotoSozan塚本素山)𓆈 Aug 7
欧州禁止薬一覧週刊現代 オルメテック高血圧 アクトス糖尿病 トラゼンタ カナグル プラルエント脂質異常症 ダイドロネル骨粗鬆症 フォサマック ボナロン カルボシステイン風邪 アンブロキソール コデイン アリセプト認知症 レニミール イクセロン リバスタッチ メマリー ハルシオン不眠 ユリノーム痛風
Reply Retweet Like
おいしい水 Aug 19
Replying to @CIAWilloughby
母が糖尿病治療でトラゼンタとグリファストを処方され、服用し出して1ヶ月経過したら息切れが毎日続くようになりました。試しに、服用やめてみたら息切れはなくなりました。血糖値を測ると数値的には異常な低血糖ではなかったですが、明らかに薬の作用と思われます。
Reply Retweet Like
𓆏CIA創設者ウィロビー(旧@TsukamotoSozan塚本素山)𓆈 Aug 19
Replying to @agadebebea
速効型インスリン分泌促進薬グルファスト、要は比較的軽い選択的DPP4阻害剤トラゼンタで血糖値とヘモグロビンA1Cが下がらないので「数字合わせ」のために膵臓を無理に刺激してインスリンの分泌促進。副作用は心筋梗塞。糖尿病処方薬全てに共通=添付文書に「食事療法と運動療法が基本」と正体暴露。
Reply Retweet Like
𓆏CIA創設者ウィロビー(旧@TsukamotoSozan塚本素山)𓆈
長期服薬禁止の生活習慣病薬(週刊現代) アジルバ ミカルディス ブロプレス オルメテック ディオバン アイミクス レザルタス コバシル アデカット アムロジピン ノルバスク アダラート フルイトラン ヒドロクロロチアジド プラビックス バイアスピリン イグザレルト リクシアナ プラザキサ ワーファリン
Reply Retweet Like More
𓆏CIA創設者ウィロビー(旧@TsukamotoSozan塚本素山)𓆈 Sep 2
Replying to @agadebebea
糖尿病薬で血糖値HA1cを下げても体質変化無く長期服用して合併症になる。添付文書の基本的注意「運動療法と食事(栄養)療法を十分しても不十分な場合に限り」と記載。 ジャヌビア ネシーナ エクア グラクティブ テネリア アマリール オイグルコン ダオニール アクトス ピオグリタン
Reply Retweet Like
𓆏CIA創設者ウィロビー(旧@TsukamotoSozan塚本素山)𓆈 Sep 2
Replying to @agadebebea
高コレステロール血症スタチン剤はで「筋力低下」。車のアクセル・ブレーキ踏み間違えはコレか骨粗鬆症用薬。 クレストール リピトール リバロ メバロチン などほぼ全て 低体温症になり、癌、膠原病の起因になる。ある程度高く投薬無しが投薬で下げた患者より長生きと判明。
Reply Retweet Like